Stadium Truck:本気の作り込みで本格オフロードトラック - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Stadium Truck:本気の作り込みで本格オフロードトラック

stadiumtruck_1.jpg

Builder: 歯車

 アメリカのもう一つの重要なモータースポーツ文化、それがスタジアムダートです。今回はアゲアゲなトラックをご紹介します。



 アメリカでは古くからビーチや砂漠などでオフロードを走る乗り物が発展していましたが、それらが競技として花開いたのは80年代のミッキートンプソンオフロードグランプリでしょう。スタジアムの中に大量の土を運び込み、時には観客席まで埋めて起伏のあるコースを作り、その中でトラックやバギー、モトクロスバイクなどを走らせていました。そうしたスタジアムダートは今でも続く一つのカルチャーとなっています。今回彼が作ってきたのはスタジアムダート用のレースマシンです。

stadiumtruck_2.jpg

 現在のトラックは進化し続けていますが、基本的なフォルムは80年代当時から大きな変化はありません。大きなタイヤを収めるためにフェンダーはワイドに、そして大きく切り開かれています。フロントバンパー部分はカットされ、代わりにパイプフレームのバンパーが取り付けられています。全体的に平べったいボディシルエットが、かなりそれらしい雰囲気になっています。タイヤはバルーンタイヤで、11mmペグ穴ホイールに装着されています。足回りの写真はないのですが、青いハーフペグがT字バーに刺さっており、タイヤを上下に動かすことができます。またサスペンションやプロペラシャフトなどのメカディテールにも非常にこだわった作りになっています。

stadiumtruck_3.jpg

 レース用マシンのボディはファイバーグラスボディのため、前後ともにライトはありません。フロントライトはクリアではなく白が使われており、ペイントだけのダミーであることが示されています。その代わりにロールバーにテールライトが取り付けられています。ルーフからベッドに伸びたロールバーやリアのバンパーなど、オフロードマシンらしいディテールが盛り込まれています。
 ボディはレースペイントをする前のようなグレー1色です。しかし色ではなく、その形から本格的なレースマシンのオーラが色濃く漂ってくるようです。Hot Minifig Ridesでは惜しくもアワードを逃しましたが、イベントの中でも一番本気のテイストが漂っていたオフロードトラックでした。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1262-09805178