Alcyone & Ruckus:90年代レトロと現在のカスタムスタイル - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Alcyone & Ruckus:90年代レトロと現在のカスタムスタイル

alcyoneruckus_1.jpg

Subaru Alcyone SVX & Honda Ruckus / Builder: Tom

 車趣味の世界でも今、ぐいぐいと来ているのは90年代車です。もはや誰にもネオクラシックがダサいとは言わせません。



 スバル・アルシオーネSVXがデビューしたのは1991年、ジウジアーロの独特なデザインもあって今では珍車的扱いを受けています。今回登場するのはそのアルシオーネSVXのカスタム仕様です。今の世の中、車に限らずファッションも音楽もあらゆるものが懐古主義的になっています。今でいうレトロというのは間違っても昭和初期のような時代のことではありません。80~90年代が大きなトレンドなのです。カスタムの世界でもネオクラシックでエモいベース車が人気です。そしてただ単に当時風というだけではなく、イジり方は今風に進化しています。

alcyoneruckus_2.jpg

 ダークタンのボディカラーに黒いバンパーがとてもクールですね。ダークタンは4幅車だとあまり使われることのない色ですが、こうして1台形になってみると引き締まってとても格好いいです。ボディはレールプレートやポチスロを使用してフェンダーを膨らませ、中に11mmワイドホイールをかなり大胆にセットしています。フロントフードは取り除かれ、エンジンをアピールした完全なショー仕様となっています。低いルーフや長いノーズなど、スポーティなスタイルが存分に表現されていますね。

alcyoneruckus_4.jpg

 キャノピーはスピードチャンピオンズのものが使用され、未来的なSVXのフォルムに上手くマッチしています。ウィンドウは全てスモーク、ルーフ周りは黒になっています。高くなったリアデッキ部分が非常にSVXの特徴を捉えていますね。独特なボディにディープリムなホイールでのシャコタン化がとても渋くきまっています。王道スタイルとは言い難いですが、むしろこれくらいのマニアックさが今のシーンではウケに受けるのです。

alcyoneruckus_3.jpg

 そしてトレーラーに乗せているのはホンダ・ラッカスのカスタム仕様です。ラッカスはズーマーの北米仕様名で、スタンスカルチャーの中ではこのように低く改造するのが一つのスタイルとなっています。延長されたリアや上に伸びたマフラーなどがヤンチャな雰囲気で遊び心を感じさせます。様々な特殊部品を組み合わせることで、この小さなサイズの中にカスタムスクーターを作り出してしまうビルダーの技も素晴らしいですね。ここ最近4幅車界隈ではバイクのカスタムも活発になってきており、ミニマムでもクールなマシンが次々と生み出されています。
 エモいという言葉の定義はいまいち定まっていません。しかし車の場合でいうなら、今までダサいと思われてきた半端な年代の車に使われることが多いです。今の若い世代はすでにネオクラシックなものに価値を見出しています。それが大先輩たちの感覚とずれていたとしても、イケてるものはイケてるのです。それをエモいと表すのだと思います。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1272-e5674832