【Brickshelf】新型ヘリコプターキャノピーでコンパクトカー - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
5

【Brickshelf】新型ヘリコプターキャノピーでコンパクトカー

000cobit.jpg
CO-bit
User:s-3
Brickshelf Gallery - New compact class.

作者による4幅車作品はいつも独創的で、未来的です。
新型のキャノピーパーツをいち早く使ったこの作品も、とても新しい試みながら、そんな作者のオリジナリティが溢れています。




全長の大部分を覆うキャノピーパーツが最大の特徴です。
キャノピーの形状が、この車のラインを形作っているといって良いでしょう。
しかしそれにマッチする車体メイクも重要です。
折角の特殊形状キャノピーを使っているのに、フロントフェイスが味気ない真四角だったら台無しです。
ボンネット部分には球底がひっくり返しに使われ、フロント部分のボディラインの形成を担っています。

そして注目なのはオレンジクリアのクリップアームを使ったヘッドライトの表現です。
普通にプレートを積んだ作品ではなかなか使いづらい方法ですが、この作品ではピッタリですね。
ただ色がボディとほぼ同化してしまっているのが少し残念です。
ボディから浮き立つ配色であったら、とてもクールな外観になると思うのです。

002cobit.jpg

後ろからのプロポーションは実に美しくラインが整っています。
キャノピー後端のラインを受け継ぐ特殊形状カーブスロープは見事にフィットしていますし、ポッチ隠しのクリアレッドの丸タイルも効いています。
台形フェンダーも多角形のルーフラインと調和していますね。

ハンドルとして使われている黄緑の円盤はエクソフォースからのパーツのようです。
幅広いパーツの選択肢を持つことも、独創性を出す秘訣でしょうか。

023cobit.jpg

旧タイプのヘリコプターキャノピー車C-Biと比較。
新型の方が屋根が低く、コンパクトになっていますね。
ホイールベースが少し長くなって、未来のライトウェイトスポーツといった雰囲気です。

また作品だけではなく写真にも拘っていて、車名のレター入りの画像が必ず用意されていますね。
異なるフォントを重ねたロゴが面白いです。

関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

5 Comments

s-3 says..."No title"
早速ご紹介していただきありがとうございます!
旧キャノピー車のC-Biとは別系統の車種だということを表現したかったため
なるべくデザイン的に被らないように仕上げてみました。

クリップアームはその場で思いついて取り付けました。自分も気に入ってる部分です。
でも色がトランスクリアとかだったらもっと良かったと自分でも思います。;^^

サイドミラーには本当は丸タイルを使った方がよりスマートになりそうなんですが
パーツを持っていないのでもっとたくさん揃えたいですね。
(写真の透明赤しか持ってないのです・・・;^^)

ロゴ入りの画像はBSを始めた頃から必ず入れてあります。
(C-Biは入れるのをすっかり忘れてましたが;^^)
文字をそのまま打って加工してるだけなのでそのうちちゃんと1から描いて
もっと凝ったロゴを作りたいですね。

ここでは写真ありませんがキャノピーを取り付ける時に出来た副産物として
ボンネットが開くギミックも個人的に気に入っています。多分FFかFRのどっちかでしょう。(笑
2013.07.27 16:53 | URL | #N.uznoOk [edit]
Tamotsu says..."s-3さん"
デザインが被らないようにというのは納得です。
各部であえて違うやり方を採用していますね。

ヘッドライトはひょっとしたらこのキャノピーを使うこと以上の驚きかもしれません。
ていうかこれのオレンジクリア版があったなんて知りませんでしたし。
でも使いたくてもなかなか使えないですね。
これにマッチする車体を構築するのが難しいです><。

画像に拘っているのはとっても素晴らしいことだと思いますよ!
4幅車を一つの立派な作品として仕立てる人ってまだまだ少数派だと思います。
(このブログにはそういう人がたくさん来られているようですが……)

ボンネットが開くだろうな~というのは私もなんとなく見ていました。
アクション多いのがs-3さんの個性的なところですね。
今BSに上がっている別の作品もアクションがすごいですね。
また今度紹介します。
2013.07.27 22:29 | URL | #dNm2mw72 [edit]
シゲ says..."もはや組み方がクイズの域ですね"
過去の作品も見て、s-3さんは相当パーツ愛が深い方なんだなぁと思いました。あそこまで折れ曲がっていたり、クリップ接続しかできなかったりする一見車には使いづそうなパーツからここまで洗練されたモデルを完成させるには、それぞれのパーツの特性を理解してこそ実現できる技だと思います。このパーツの可能性を120%引き出す作風は真似しようと思っても不可能に近いです。
特に最新のキャノピーパーツと大昔の半六角フェンダーが同じ作品(それも小さな4幅車)に使われているのなんて感動ものです。昔のパーツでも十分に需要があるところもレゴのいいところですね(たとえば、大昔の1×2の45度スロープの裏は1×2タイルなどと同じように空洞だったようです)。カーブスロープの取り付けに1×1ビームを使用してヘッドライトブロックでは不可能な位置にパーツを取り付けるテクニックや、エクソフォースのタブレットを固定するためにフックをひっかけるパーツを使用しているところも”ニクい”ですね。
 極めつけはクリアオレンジのクリップですね。あのパーツはクリアパーツの中でもかなり細かい部類なので、クリアカラーが出たら車ビルドに革命が起こるかもしれません。どうにかして棒部分の先端だけ出すのも面白そうです。もし実現できたらライトの表現において最少の直径が実現します。
2013.07.29 22:35 | URL | #OXPVWVsc [edit]
s-3 says..."No title"
シゲさん、コメントありがとうございます!
パーツ愛が深いだなんて言ってくれてとても嬉しいです!
特殊なパーツを見るとなんとか作品に取り入れようとついつい取り付けちゃう性格なんでしょうかね。(ぇ
真似できないと言われるなんて恐れ多いことです><

そういえば台形フェンダーは随分昔のレゴパーツなんですよね。
時代を通り越して最新のパーツと共演(?)してるってよくよく考えてみるとロマンを感じますよね。(何

クリップは組み方次第でライトの表情の幅が広がりそうですね。
先端だけ出すのは実は私も組んでる最中に考えていました。
グリルの中に入れてみたりヘッドライトの横に付けてみても良いかもしれません。
もっとクリアカラーのクリップが出てほしいですね。(特にトランスクリア;^^)

HTD出展作品をリメイクされたそうですね。公開楽しみにしております。
ちょくちょく覗きに来ますので^^
2013.07.30 22:32 | URL | #N.uznoOk [edit]
Tamotsu says..."シゲさん"
マジでs-3さんの作品は、他とは一線を画すパーツの使い方ですね。
プレートとかスロープを積み重ねてボディ形状を作るやり方とは全然違っていて、自分にはなかなか真似できないです。

古いパーツも使えるというのはレゴのいいところですね。
パーツの移り変わりは合っても、統一規格と品質の維持がされているからですね。

クリップバーはオレンジクリアでもウィンカーやマーカーには使えるかもしれません。
2013.07.30 23:46 | URL | #dNm2mw72 [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/129-c9c0c5b5