Cross Country:小さなクロカンサンバー - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Cross Country:小さなクロカンサンバー

sambercross_1.jpg

Subaru Samber / Builder: えもりん

 4幅車界隈でもすっかり定着し、発展してきたオフロードカーのスタイルに新たな一石を投じるマシンです。



 シャコタンばかりと思われがちな4幅車の世界でも、オフロードカーは確実にその勢力を強めてきました。しかし私たちが提示するオフ車の多くが、トラックに大きなタイヤを取り付けたオラオラ系の車であったことは否めません。そんな中で彼が作ってきたこの小さなクロスカントリーは、新しい4幅オフローダーの形を示したのです。車のベースとなるのは軽自動車のスバルサンバーで、そのモディファイは原型をとどめないほどに施されています。しかし彼自身もサンバーを愛車とするビルダーゆえに、その姿は決してサンバーを離れることなく、レゴのベースプレートの上に佇んでいます。

sambercross_2.jpg

 オフロード系の車というとかなり大型なものが多かったので、このコンパクトさということ自体が新鮮に感じます。元はサンバーのバンかトラックか分かりませんが、残っているボディはキャビンのみ、そして屋根もカットされています。そしてボディの代わりには黒のロールケージが張り巡らされます。バーやテクニックのコネクタ等を組み合わせたロールケージはかなり複雑ですが、黒一色に統一することで、綺麗にシルエットが浮かび上がり、小さいながらもかなりの密度感と存在感を発します。クリップ付き1Lバーや、ラウンド付き1Lバーなど、細かなパーツが活躍しているのが分かります。フロントバンパーやサイドミラーなど、かなり細かい部分までディテールが作り込まれ、全体として一つのまとまりがあるのはやはり色の使い方が上手いからでしょう。

sambercross_3.jpg

 運転席のハンドルは右側に寄せられており、ミニフィグ用というよりはスケールモデルに近い雰囲気です。しかし屋根がないので、ミニフィグでも載せられるのではないでしょうか。完全なオープンデッキとなったリアにもシートが付いています。サンバーの特徴であるリアのエンジンも再現されています。ボディは完全なモノクロですが、エンジン部分に色彩を持ってくることでワンポイントの華やかさが感じられます。またエンジンをペイントすることはメカに手を入れている証拠でもありますし、ショーアップとしても有効です。
※フロントシートの後ろのグリルタイルはシートではなく、地上高を稼ぐためにフロント下から移動されたラジエーターとのことでした。(2019/11/15追記)

sambercross_4.jpg

 驚きは裏面にもあります。この車はサスペンションの動きを持たせつつ、四輪連動の仕組みまで組み込まれているのです。実際に動かしてみるとギア同士の噛み合いで力が逃げてしまうみたいですが、この仕組みをこのサイズの中に取り入れていることがかなりハイレベルだと思います。
 ちなみにこの車はツイッタークイーンにも選ばせていただきました。実際にレゴのディスプレイの上で撮影するとやはりタン色の砂浜がよく似合います。小さくても魅力満点な車が今後もたくさん出てくると良いですね。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1290-b3d66d22