Slow Life:のどかなキャンパーがショーストッパーに変身 - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Slow Life:のどかなキャンパーがショーストッパーに変身

slowlifecamper_1.jpg

Builder: 最澄

 そこに車があるのなら、それがどんなタイプの車だろうと、一旦はローダウンしてみましょう。そうすればその車の新しい姿が見えてくるはずです。



 彼は毎年のHot Minifig Ridesで何個もアワードを獲得していく凄腕の4幅車ビルダーです。そんな彼が最近のツイッターで呟いているのは趣味の昆虫採集のことばかりですが、今年のホットロッドカスタムショーに向けて製作されたこちらの車はとても意欲にあふれた1台でした。キャンピングカーはHMRのアワードが用意されているジャンルです。これまでキャンパー系の車はノーマルがほとんどでしたが、今回彼は大胆にもカスタムしたキャンピングカーでカーショーを荒らそうと画策しているのでした。

slowlifecamper_2.jpg

 キャンピングカーにも色々なタイプがありますが、こちらはアメリカで一般的なトラックにキャンパーシェルを載せたものです。ボディはシンプルなトラックです。ボディサイドをタイルとポチスロで構成し、70年代テイストに見せるやり方は4幅車の定番の組み方です。キャビンは狭苦しそうですが、カツラなしのミニフィグがバンザイ状態で乗っています。シェルはルーフの上に寝台が付く大型のものです。オレンジのマーカーがアメリカンな雰囲気ですね。5幅で作られ、キャビンとの幅の差を表現しています。盛り上がったルーフの形や、サイドの横グリルブロックの組み込みなどで、シンプルながらにキャンパーの雰囲気がよく表されています。傾斜した窓はスモークのポチスロを横向きに並べることで作られています。

slowlifecamper_3.jpg

 バーを使ったディテールアップと、後ろのシールでキャンパーらしい形になっていますね。この車、ボディに関しては全くもってストックスタイルです。しかしタイヤの半分がフェンダーの中に入り込むスラムドで、牧歌的な車もファンキーなカスタムへと変身しました。シェルも地面にピッタリ着地する車高の低さでインパクトも抜群です。ちなみに実車同様にシェル部分だけを取り外し可能で、ショーの終わりにはみんなの色々なトラックに載せて遊びました。

slowlifecamper_4.jpg

 床面は逆ブラケットが並べられ、サイドのパーツと接続されています。ハラキリしていないのでミニフィグはハゲになっているんですね。車軸はクリップによるヒンジで固定されており、車高調整で着地可能となっています。リアバンパーは5幅を綺麗につなげるためのパーツ分割です。
 ホットロッドカスタムショーでデビューとなったこちらの4幅車ですが、本物のカーショーにもシャコタンのキャンピングカーがエントリーしていたという偶然な出来事がありました。私たちの4幅車カスタムは常に現実のシーンと一体です。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1310-3fc9b582