Final Destination:赤い霊柩車とパールゴールドの輝き - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Final Destination:赤い霊柩車とパールゴールドの輝き

redhearse_1.jpg

Builder: 薬師山

 数ある働く車の中でも、特にインパクトが強いのが霊柩車です。これが意外と趣味の車としても熱いベースだったりします。



 霊柩車はパトカーなんかとは違って皆に人気がある車ではありません。しかし不人気だからこそ心惹かれるマニア心があるというのも人間です。実は車趣味の世界で霊柩車に手を出すのはそこまで異例というわけではありません。世界にはやはり霊柩車の愛好家がいますし、改造のベースにもなっています。そしてレゴの製品にもなったことがあります。今回の作例は日本の代表的な宮型となっています。2015年のHot Minifig Ridesにエントリーしたもり氏の霊柩車を参考に、さらにボリュームを増したモデルとなっています。


redhearse_2.jpg

 4幅のボディはシンプルでいて、クラシックなテイストが感じられます。フロントグリルをポチスロで尖らせているのはアメ車っぽいですね。かつて2時間ドラマとして放送されていた「赤い霊柩車」シリーズのキャデラックが元になっているのではないかと推測します。後ろに並べられたミニフィグがそれぞれのドラマのキャラクターになっているようです。そして後ろに載せられた架装部分がこの車の最大の見所なのは言うまでもありません。複雑な装飾にはパールゴールドのパーツが大量に使用されています。ほとんどアクセサリー系のパーツしかリリースされていないパールゴールドですが、辛うじて存在する1x1プレートや1x1ラウンドプレート、そしてポチスロなどを駆使して宮型の箱を高く積み上げることに成功しています。よく見ると花びらプレートやミニフィグの足に取り付けるローラースケートなども投入されています。また屋根の飾りにはサソリ、カエル、そしてニワトリと動物たちが勢ぞろいです。この辺りのパーツに関してはむしろパールゴールドでないと揃えるのが難しいものになってきます。

redhearse_3.jpg

 きれいに4ポッチ幅に収めたボディは、最近のワイドボディ当たり前な4幅車シーンではむしろ新鮮に見えるくらいです。コンパクトなボディだからこそ、広がった宮型の屋根が美しく映えますね。限られたパーツパレットの中ですばらしくよくまとめられていると思います。またリアゲートにはクリップが仕込まれていることからも、開閉可能になっていると思われます。またバンパー下には緑色の事業者ナンバーが付いていたりと細かいところまで霊柩車をよく表しています。
 働く車にも色々ありますが、乗用車をベースにした特殊架装は特に心躍るものがあります。普通のフロントマスクと、専用装備の組み合わせがいいですね。きっとカスタムのベースにもピッタリだと思います。魅惑の働く車の世界にあなたも足を踏み入れてみてください。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1313-784b92c2