Advan Racer:街道レーサー新機軸 - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Advan Racer:街道レーサー新機軸

advanracer_1.jpg

Builder: 最澄

 最近流行りの4幅暴走族にまたフレッシュなマシンが登場しました。典型の形に一石を投じる1台です。



 鬼キャンや竹やりなどの象徴的なアイテムと共に少しずつ普及させてきた4幅車の暴走族スタイルは、今ではすっかり定着した1ジャンルのようになっています。今回の車はこれまで4幅車界隈で多数作られてきた街道レーサーとは少し違います。まるで本格的なレーシングカーですが、そこに漂う雰囲気はまさにストリートのものです。この絶妙なニュアンスのマシンが作られるほどに、4幅暴走族ジャンルは成長しているのです。そしてこの美しいマシンを作り上げたビルダーにも喝采を送りたいと思います。

advanracer_2.jpg

 小さなワイドスリックタイヤを使い、レールプレートによってオーバーフェンダーを作るタイプのボディメイクがバッチリと決まっています。シティフェンダーを使う車とは違い、ボディは薄く低く、そしてすらりと優雅に前後に伸びています。このシルエットフォーミュラ的な直線的なボディ形状は、当時を感じさせてくれる街道レーサーですね。車のモチーフはRX-7でしょうか。ウェッジプレートを横に当てたフェンダー造形は非常に美しく、サイドステップ部分のスロープとも綺麗にフィットしています。フロントバンパー部分のライトは片側のみ埋められており、ストリートテイストを感じさせるポイントになっています。アドヴァンカラーはシンプルな赤と黒の塗り分けによって再現されています。効果的なのはボンネットに貼られたロゴでしょう。レゴ純正ではない自作シールですが、これ一つで車の雰囲気はぐっと良くなっています。

advanracer_3.jpg

 リアウィンドウの中には黄色のロールバーが簡単にですが再現されています。黄色はホイールのリムの色とコーディネートされていますね。リムが黄色にペイントされたホイールはシェルプロモ品のみのレアなホイールです。テールは非常に長くとられており、控えめなスポイラーが付きます。1x4両端ポッチプレートを使って、スポイラーのポチスロを取り付けつつボディにはポッチを出さない工夫がされています。テールライトは少し奥まった位置に配置され、垂れポッチの穴を利用て丸型のライトにしています。このリアフェイスの作りもシルエットフォーミュラをイメージさせる作りです。マフラーの長さも控えめですね。レーシーなスタイルを再現しつつも、あらゆる要素がある種の「枠内」に収められたこのマシン、分かりやすい記号はありませんが最高にクールにまとまっています。

advanracer_4.jpg

 キャンバーを付けていないので普通の2x2ワイド車軸で取り付けていますが、車高を下げるために上下反転しています。クリップは、ハーフペグで取り付けている車軸がストロークしてこないように押さえつけているものと思われます。床もある状態でしっかりフィグ乗りになっていますね。フロントバンパーの裏面の接続や、テール部分の裏側も4幅チューナーにぜひ参考にしてほしいビルテクが盛り込まれています。
 ド派手さだけではなく、スタイルも追及した街道レーサー新機軸でした。当時風のルックスでエモいマシン作りに皆さんも挑戦してほしいと思います。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1335-6dd3de69