Milkshine:引退済み牛乳配達車をリフレッシュ - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Milkshine:引退済み牛乳配達車をリフレッシュ

milkshine_1.jpg

Milkshine

 前回のHot Minifig Ridesからアワードにベスト・ワーカーを追加したので私も作ってみました。牛乳配達車です。



 背の低い車ばっかり作っていると飽きてくるので、少しは違った趣向の車も作りたくなってきますよね。ホットロッドといえばデリバリーカーのカスタムもイケてる車がたくさんあります。働く車の野暮ったさを、カスタムでクールにリフレッシュするのです。今回は古い牛乳配達車をベースにイジってみることにします。デリバリーカーをスラムドするのは実例もたくさんあるので、定番なカスタムの発想です。ホットウィールのDaily Deliveryというミニカーがあり、コレクターの間でも人気の車です。私のMilkshineはベース車は忘れましたが、1940年代頃の古い車を元に作ってみました。

milkshine_2.jpg

 昔の丸いフェンダーをシティフェンダーで表し、アズールと白のツーカラー構成で背の高いトラックにしてみました。牛乳配達車らしく見せるために水色系をチョイスしましたが、鮮やかなアズールは特に好きな色です。この車もとてもフレッシュな雰囲気になってくれました。フロントはルーフからバンパーまでがなめらかに傾斜するように、パーツを組み合わせました。グリルもスロープにして斜めのラインを生み出しています。アズールはプラケットや側面ポッチのパーツが少ないので横組みしようとするのはかなり難しかったです。フロントのカーブスロープは丸クリップによって接続されています。ルーフは丸みのあるパーツを使い、おでこには表札を付けています。ホイールはクラシックな雰囲気を出すために、2x2ディッシュにスリックタイヤを引っ張りで履かせています。キャンバー角を付けてセットしていますが、ツラはかなり引っ込めてみました。ツラウチの方が古い車にはマッチします。

milkshine_3.jpg

 リアには牛乳ビンを詰め込みます。ビンは1x1コーンに1x1円タイルを付けただけのシンプルなもの。これだけで牛乳に見えますよね。牛乳ビンは3列に配置し、真ん中だけ底を上げて2段にビンが並んでいるように見せています。ルーフの後ろには装飾を加えてここも古めかしい感じにしています。乗り降りしやすいようにドアなしにしてもよかったかもしれませんね。

milkshine_4.jpg

 T字バーによるキャンバーの付け方を採用しました。ホイールは2x2ディッシュと2x2丸タイルの中央ポッチ付きを組み合わせたものです。ディッシュ1枚だと薄すぎてタイヤを巻くのが大変なので、同じ大きさの丸パーツと合わせた方が組みやすくなります。T字バーを穴に差し込んでいるので回転はしなません。ちなみに適切な角度でキャンバーを付けるために、クリッププレートを上下反転して取り付けています。水平クリップは通常の向きとひっくり返したときで、クリップ位置が変わるのでこのように反転が必要な場面もあります。
 今回はアズールのパーツの制約に悩まされ、埋め切れない隙間も残る車となりました。正直なところあまり満足のいく出来栄えにはなっていません。しかしまあ多少粗があっても別に良いですよね。完璧を目指して何も作り出せないより100倍はマシです。なのでこの車も作った記録としてブログに残しておきます。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1337-337e84c8