Poison Soup:スカル模様のショーストッパー - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Poison Soup:スカル模様のショーストッパー

poisonsoup_1.jpg

Builder: Sakurai

 4幅カーショーの世界にショーストッパーが現れました。ハイリフトトラックビルドに衝撃を与える新星です。



 ハイリフトトラックはカーショーの華です。しかし私たちの4幅車シーンでここまで華やかな車はこれまでありませんでした。このスカル模様のトラックは、先日紹介のバハトラックの少し後に発表されました。競技用マシンとは全く異なった雰囲気は、ボディペイントだけではなく足回りなど様々なポイントから生み出されたものです。同じトラックというカテゴリーでも、作り込みの方向性をしっかり変えたビルドとなっているわけですね。雰囲気はもうDUBショーかSEMAショーといったところです。

poisonsoup_2.jpg

 シティフェンダーを使ったボディは比較的にシンプルな構成で作られています。全体的に平ら面を増やし、シールでの装飾を行う前提の作りになっているようですね。ボンネットや屋根も特殊パーツを使わずにシンプルなカーブスロープだけで作られています。そして全体に貼られているシールはこの車の印象を大きく変えています。これらも全てレゴ純正のシールが使われます。レゴテクニックの#42099オフローダーから、オレンジ色のグラフィック部分のみを切り出したものです。公式シールを使ったデコレーションはこれまでも多数行われてきましたが、ボディのほぼ全ての個所といってもいいほどにシールで覆われた姿はインパクト絶大です。当然ハイリフトトラックの厳ついフォルムの再現も手が抜かれることはありません。黒のシティフェンダーや、大きなサイドミラーなどボディのゴツさの表現がしっかりされています。

poisonsoup_3.jpg

 車のルックスを決定するホイールも素晴らしいチョイスです。オレンジ色のスピードチャンピオンズホイールに、黒のメッシュを組み合わせます。ボディカラー同色のホイールはラグジュアリーなカスタムでは定番のカスタムですね。特に大径ホイールだと効果抜群です。タイヤは大きいサイズのものを履かせ、迫力を出しています。ボディ下のフレームにもシールを貼っているのが良いですね。まさにショー向けの車といった雰囲気です。室内を見るとハンドルが5スポークホイールになっており、中まで手抜かりなくドレスアップされていることが分かります。

poisonsoup_4.jpg

 見た目重視のためサスペンションのギミックはありません。フレームと車軸をつなぐアームのディテールがとても効果的ですね。アームはエスプレッソフィルターとライトセーバーの2パーツから構成されています。また普通の向きからはほぼ見えませんが、真ん中にプロペラシャフトも通してあります。リアには牽引用のボール受けが装備されており、ショーの日にはホットロッドをトレーラーに載せていました。
 堅実なビルドで派手さを追及した素晴らしいショーカーでした。車を派手に見せるのは思った以上に難しい作業ですから、彼のテクとセンスが炸裂した1台と言えるでしょう。オレンジと黒に絞った色の構成が全体のイメージを引き締め、尖った印象にしてくれていると思います。派手さで勝ちにいきたいビルダーはぜひ参考にしてほしい車です。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1342-2cdf5db2