キムシティレゴオフ:ビッグストリート! - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

キムシティレゴオフ:ビッグストリート!

kimcity2020_1.jpg


 去年の12月に第1回が開催されたキムシティレゴオフが、2月23日にさらにビッグになって帰ってきました。



 私もこれまでにイベント用の大型建築を作ってきましたが、今4幅車界隈で最も強い建築ヤクザといえばkimron氏です。以前より彼の建築群はMinifig Ridesショーで活躍してきました。その彼が大きくなりすぎた自分の街を広げるためのイベントがキムシティレゴオフです。前回の時点ですでに巨大な街であったキムシティは、今回さらに進化を遂げています。開催地は前回同様に神戸となり、私の参加は叶いませんでした。しかし関東や北海道などからも大勢の4幅車ビルダーが集まり、イベントは超ビッグな盛り上がりを見せて成功となりました。H2Oiイベントのような無法地帯をイメージしているという彼の目論見も無事に達成されたことでしょう。

kimcity2020_3147.jpg
 巨大なモニターが置かれた大通りには、両側に大きなレゴの街が広がります。建築のほとんどはkimronさんが製作したものです。メインストリートにはブリックリンクで大量に購入した木が植えられています。まるでH2Oiの舞台が再現されたような光景です。

kimcity2020_3169.jpg
 ガソリンスタンド、コンビニ、マクドナルドなどが並びます。敷地は広々と取られ、4幅車を並べるスペースはたっぷりとありますね。

kimcity2020_1007.jpg
 こちら側はモノレールと高速道路が通る都市的な風景となっています。シティホールの上にもモニターが置かれています。植樹の見た目の効果も非常に大きいですね。

kimcity2020_0998.jpg
 少し遠景から。片側二車線道路の交差点はLimeさんが持ち込んだものです。製品版では十字路を4個並べると真ん中に島ができてしまいますが、こちらは真ん中をくり抜いて、さらに別のロードプレートから切り取ってきた平らな板で埋めているんですね。巨大な交差点は夢の光景です。

kimcity2020_3148.jpg
 警察署もまたパワーアップしての登場となりました。大量のパトカーが並んでいます。

kimcity2020_0949.jpg
 ガラス張りのカーディーラーはモダンで美しい建物です。彼のディーラーはこれまで何度も進化を繰り返してきましたが、今回はガラスも大きく取られていて開放的です。これでライトが付けば中の車もきれいに見えるでしょうね。

kimcity2020_0999.jpg
 マクドナルドは2階建てとなりました。駐車場にはホットロッドやアメ車などが集まっています。Limeさんのカスタムカーがずらりと並んでいますが、ホイールの組み方がとても様々です。

kimcity2020_0979.jpg
 ガソリンスタンドにはライトが付けられました。プリキュアの痛車はkimronさんの新作ですね。奥の黒い車はハルさんが初挑戦したという4幅車です。アウディR8がモチーフになっているそうです。

kimcity2020_0987.jpg
 こちらのレストランの前には皆さんのシグカーとシグフィグが集まっています。左からLimeさんのオフローダー、kimronさんのSUV、最澄さんのRX-7、さくさんのドリ車、jipさんのアルト、そしてAziさんのクローラートラックとなります。棒で叩かれている人たちが誰なのかは知りません。

kimcity2020_1004.jpg
 高速道路上にはスーパーカーや環状族が走っています。シビックでパトカーを挟んで走っているところがリアルですね。

kimcity2020_0947.jpg
 高架の下も良い雰囲気です。こちらにも危ない改造車が集まっています。

kimcity2020_0962.jpg
 こちらはモノレールですが、車両はありません。中央の柱だけで支えられているので、片側だけに重量のあるものを乗せると倒れてしまうそうです。なので実際にモノレールを走らせるためではなく、映えるオブジェクトとして置かれているわけですね。

kimcity2020_0960.jpg
 こちらは大交差点の信号です。垂れポッチを使った信号機が良い雰囲気ですね。光っているところだけ色を付けているのが上手い表現です。

kimcity2020_1005.jpg
 Limeさんの立体駐車場も以前とは形を変えて登場しました。今回は車の撮影のしやすさを考慮して再構築されています。

kimcity2020_0971.jpg
 今回はHMRでベストオブショーを獲得したビルダーが2人参加したということで、歴代トロフィー5個のうちの4個が集まりました。一番古いのは2015年のLimeさんのホンダCRXですね。2019年にもLimeさんが獲得しています。2016年と2018年はjipさんでした。

kimcity2020_0982.jpg
 芝生エリアにはオフロードカーのゾーンが形成されました。LimeさんのCross Showのロゴが飾られています。Limeさん以外にも多数のビルダーがハイリフトなトラックを作っています。

kimcity2020_0966.jpg
 警察署にはkimronさんのパトカーが大量に並びます。統一された車種で並ぶと非常に映える並びですね。SUVというのも最近ぽくて良いです。

kimcity2020_0951.jpg
 オレンジのSUVが並びます。Limeさんの音響仕様は2019年のアワードカーです。シルバーのリムが存在感抜群ですね。

kimcity2020_0954.jpg
 Limeさんのチューナーカー2台が高架下で、その強烈な足元をアピールしています。イエローレターは新作ですね。大きなスピチャンフェンダーを飲み込んだビルドはさすがです。

kimcity2020_0977.jpg
 最澄さんのスラムドな積載トラックはラフなホットロッドを載せています。このホットロッドは2016年のアワードカーですね。彼は様々なカスタムジャンルを広くカバーしていて、トロフィーも多数ゲットしています。この日は袋に入れた大量のトロフィーを自慢してマウントを取り放題だったとか。

kimcity2020_0990.jpg
 立体駐車場で撮影した最澄さんとさくさんのカスタムカーは雰囲気抜群です。

kimcity2020_0993.jpg
 こちらはさくさん(と思われる)タンのマシンです。エンジンベイのアピールや室内のロールケージなど作り込みが魅せてくれますね、リトラクタブルヘッドライトをタイルのゆるハメで表す力技に感服です。

kimcity2020_3113.jpg
 ここは警察署の横の道路ですが、街道レーサーが大挙して走っています。Limeさんがこの手のジャンルのリーダーみたいな存在ですが、今はもっと多くのビルダーに族が広まっています。

kimcity2020_3118.jpg
 さくとんの霊柩車ベースのドラッグレーサーは割とかなりイケていると思います。

kimcity2020_3119.jpg
 kimronさんの痛車軍団です。最近はプリキュアに熱が入っているようです。4幅の痛車ビルドも広まりつつあります。

kimcity2020_3121.jpg
 jipさんのスバルレヴォーグのサポートカーはダークアズールで組まれています。フレッシュな色合いと自転車がよく似合います。

kimcity2020_3122.jpg
 こちらもjipさんのスバルで、WRX STiになります。今年のHMRはスバルで勝負でしょうか?

kimcity2020_3128.jpg
 最澄さんとさくさんのイリーガルビルドコラボです。どちらも社外ブロックでボディを組んだ、レゴではありえない色の車です。私たちはレゴの公式でもなんでもないので、遊びは無限大に広げていいことになっています。

kimcity2020_3142.jpg
 改造車を大量のパトカーが追跡している様子はゲームのニードフォースピードのようです。そしてバニラトラックは今回も爆音で存在感を発揮したようです。

kimcity2020_3110.jpg
 こちらはHMRでも取り入れたいと思った、タブレット埋め込みのモニターです。HMRの動画を流しているようですね。パーティを盛り上げるにはもってこいでしょう。

 規模も内容も素晴らしい4幅車のイベントです。私が何もしなくてもこれだけのものができるくらいに、私たちはカルチャーとして広まりを見せているわけですね。関西方面のヨンハバシーンも今後楽しくなりそうですね。最後に、Limeさん製作の動画を載せておきます。


関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1344-b79351d2