【ブログ】ミニサイズのタイムマシン。4幅デロリアン - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
2

【ブログ】ミニサイズのタイムマシン。4幅デロリアン

05-5a628.jpg
デロリアン
作者:かう゛ぇ
デロリアン: レゴの家

Lego CuusooによるBTTFデロリアンの商品化が決定し、触発されたオリジナルの作品も増えてきています。
そしてもちろん4幅での再現例も……




細かいパーツの多いタイムマシンですから、やっぱり4幅ともなると相当な引き算のビルドが必要になってきます。
まずフロント部分は、製品版の表現を踏襲しつつも、うまくデロリアンのフェイスの雰囲気を出しています。
ヒンジベースまで利用した、フラットなボンネット面はなかなか上手いやり方だと思いました。
ルーフへの絞り込みも意識して、ルーフは2幅となっています。

タイムマシンのディテールとしてサイドを這うダクトはハンドルパーツを飛び出させて表現しています。
もつろん完全な再現ではありませんが、タイムマシンを思い起こさせるには十分な見立てでしょう。

06-6b3b5_2013080420324202b.jpg

ごく限られたスペースしかないリアのスペースには、クリップ1パーツによる排気口の表現で、このタイムマシンの特徴を全て現しています。
どうしてもディテールを削らなければいけない4幅車ビルドにおいて、「何を残すか」は非常に重要な判断となってきます。
そこを間違えてしまったら、この作品のようなコンパクトな再現モデルを作ることはできないでしょう。
車内はハンドルをオミットする代わりに、メカの計器プリントパーツを使っています。
これが適正な判断というものですね。

img_479617_9074652_1.jpg

実はこの車、見て分かる通りに正当なフィグ乗りはできません。
デロリアンらしい低いルーフを再現するには、フィグ乗りは捨てるしかなかったようです。
その代わりに、レーサーシリーズの小型フィグボディを乗せる仕様となっています。

パッと見フィグが乗っているように見えますね。
オレンジの同体は放射能防護服みたいです。

レゴの公式タイムマシンはこちらです。

21103.jpg
#21103 Back to the Future Time Machine

すでに海外では販売開始されているようで、日本でも発売が熱望されます。
そもそも日本からの発案での製品化ですしね。
関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

かう゛ぇ says..."No title"
おおっ ご紹介ありがとうございます!

意外と使えますよ、レーサーボディ(^^
http://legohouse.seesaa.net/article/371720341.html
こちらの作品でもミニフィグが乗らなかったので使ってみました。

デロリアンもそうですがハンドルついてないように見えますが、レーサーボディはハンドル込みなんですよ。
だからこのボディがあれば、パネルだけでよかったという見立てで組んでます。

マイクロフィグっていうのも最近ありますが、あれよりもずっと汎用性が高いですし、車のデザインありきで組めるので使い勝手がいいです。
2013.08.13 13:32 | URL | #cFdA8Xk. [edit]
Tamotsu says..."かう゛ぇさん"
なるほど、レーサーボディにはハンドルが付いていたんですね。
それで納得です。
元々車用のパーツですし、使いやすさはありますね。
まあ私はどうしても普通のフィグ乗りにしたので、使う機会がないです。

この作品には、車自体のデフォルメ感とコンパクトさがあるので、非常にマッチしていると思います。
2013.08.14 23:01 | URL | #dNm2mw72 [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/135-a72a5fe5