Long Pipes:竹やりマフラー暴走族 - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Long Pipes:竹やりマフラー暴走族

longpipes_1.jpg

Long Pipes

 4幅車作りでは上手くいかないことも無数にあるわけですが、一方で思いもしない成果を得ることも結構あります。



 素直に白状すると、この車を作り始めたときはダッジのチャージャーかチャレンジャーのようなモダンマッスルを目指していました。双眼鏡でダブル型のヘッドライトにし、オーバーフェンダーを付けてシャコタンにしたマッスルカーです。最初はダークパープルを使おうとしましたが、パーツが上手く揃わないのでダークピンクに変更しました。
 それがいくらこねくり回しても上手くマッスルカーになってくれなかったので、竹やりを付けて暴走族に路線変更となりました。というおざなりな経緯の車でしたが、これができてみるとバッチリ決まってしまいました。インスタグラムに上げたらすぐに1000いいねまで到達する人気作になりました。レゴをやっていると思わぬところからアイディアが得られることがあります。また、実際にパーツに触れることで見つかることも多いのです。

longpipes_2.jpg

 ピンクは前から使いたい色だったのですが、ブライトピンクよりもダークピンクの方が供給が豊富なので今回この色を使うことになりました。ダークピンクには基本的なプレートはもちろんのこと、タイルやポチスロ、カーブスロープ、そしてパネルまで揃っているのです。ここまで主なパーツが揃えば車を作るのはそう難しくありません。シティフェンダーは黒となっていますが、そこも暴走族的解釈で後付けワークスに見せる分には問題ありませんでした。マッスルカーに見せたくて作った双眼鏡のフロントフェイスはしっかり日本の旧車の顔に見えるようになりました。双眼鏡は2x4タイルの裏面にはめ込まれているだけの接続です。その点も弱めの接続ではあるのですが、実はこのフロントノーズの2x4タイル自体が、ボディとはポッチ半分はめ込みという、ゆるハメでつながっています。どうしてもまともな接続ができなかったための気合い止めですね。

longpipes_3.jpg

 旧車ベースに見せるためにいくつかのパーツはグレーにしてあります。フロントとリアのバンパー、フェンダー上のミラー、そして窓枠にもグレーのラインを入れてモール風にしました。リアウィンドウはブルーティント、ホイールとマフラーは黄色と、かなりド派手なカラーにしてみました。ホイール自体はいつもの11mmワイドですが、今回はタイヤをいつもと変えて、8mmワイド用の太いスリックタイヤを引っ張って履かせました。このタイヤは分厚くて伸ばすのに骨が折れますが、2x2コーンに何度も刺して伸ばしたあと、思い切り力を込めたら入ってくれました。

longpipes_4.jpg

 裏面はブラケットが並んでいます。グレーのブラケットはボディと接続するためで、ダークグレーのブラケットはミニフィグが座る場所となっています。ホイールはいつものようにクリップで取り付けてあります。実はレアなダークピンクのブラケットがリアバンパーに使われています。今までほぼ使うことがなかった古いパーツでしたが、持っておくものですね。
 予期せずして作り出してしまった車ですが、思わぬ収穫となった1台でした。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1351-2240e178