Camp Cruise:ハイリフトキャンパーでレジャーに出かけよう - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Camp Cruise:ハイリフトキャンパーでレジャーに出かけよう

campcruise_1.jpg

Builder: Sakurai

 4幅車のアワード競争はさらに過熱しています。次々とアツい車が生み出されているのです。



 最澄さんが作ったスラムドキャンパーは、Hot Minifig Ridesのベスト・キャンパーを狙って製作された車でした。それが去年のホットロッドカスタムショーでお披露目され、今度はそれに対抗した別のキャンピングカーが登場しました。
 先の車に対して、こちらはオフロードトラックにキャンパーシェルが載りました。スラムドとハイリフトで車の方向性は真逆の競作となりました。車高が高いか低いかで、カスタムの優劣を付けることはできません。どっちにしろイケてる方が勝ちなのです。

campcruise_2.jpg

 彼にとってはオフロードトラックはお手の物といった感じです。それも様々なスタイルを上手く作り分けできています。車のことをよく知っているからこそ、このキャンパー仕様のようなアレンジもハイレベルに組み上げることができるのです。黒の11mmメッシュホイールにバルーンタイヤを組み合わせた足元は、ワイルドさだけではなく、スタイリッシュさも兼ね備えます。その大きなタイヤに合わせるように、フェンダーは幅広に作られています。フロントもリアも2プレート分ワイドになっており、5ポッチ幅となるシェルとのバランスも取られています。クリアのポチスロヘッドライトで現代的に作られたフロントマスクは、黒のインゴットを斜めに取り付け、バンパーには黒のピストルが当てはめられています。単調になりがちなトラックの顔も彼の手にかかればとても表情豊かになります。

campcruise_3.jpg

 曲面を多用したボディに対して、シェルは平面が強調されたスタイルです。グリルブロックで横線を入れて単調にならないように工夫されています。リアにはスペアタイヤ、そして屋根にはカヌーが載ります。レジャーへと向かうミニフィグたちの生活感が伝わってきます。

campcruise_4.jpg

 屋根は取り外し可能になっており、中も作り込まれています。ミニフィグが一人乗ることができ、コンロやポットが置かれています。シェル自体が5ポッチ幅なので、室内は3ポッチのスペースを取ることができますね。4幅車で室内にまでこだわることは少ないかもしれませんが、キャンパーであれば中も作り込みしたいところです。

campcruise_5.jpg

 ハイリフト車なので裏面もじっくりと見てみましょう。彼のビルドは実に堅実で、我々の界隈としては接続の弱さはほとんど感じられません。この車も通常の車軸プレートを使っていますから、強度も走りもばっちりです。だからといってディテールが甘いというわけではなく、ギミックこそないものの見た目のクオリティはトップクラスです。シルバーのライトセーバーが使われたサスペンション、車軸を支えているように見せるアーム類、そして中央を通るプロペラシャフトなど、細い線で濃密な作り込みです。1x4車軸プレートは上下反転となっていますが、ライトセーバーが両側共にポッチ接続となるためにこのような組み方になったとのことです。
 2台の決着は今年のHMRとなる見込みです。もしかしたらもっとすごいライバルが現れるかもしれません。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1352-8813537e