High Noon Hopper:陽気なトラックホッパー - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

High Noon Hopper:陽気なトラックホッパー

highnoonhopper_1.jpg

Builder: jn_4wlc

 最近は4幅車の世界にもローライダーの波がぐいぐい来ていると思います。ここにまた新しいトラックホッパーが生まれました。



 4幅車の世界でローライダーという存在が認知されてから、実に様々なビルダーがこのジャンルにトライしてきました。元々がアウトローなカルチャーですから、これだけ多くのビルダーに受け入れられたのは意外といえば意外です。しかし見方を変えればみんながローライダーに惹かれるのも当然のことだったかもしれません。私たちにとって特に魅力なのは、車高を変えられるハイドロリクスのギミックです。レゴで遊ぶ大人たちにとっては、ダンプカーの荷台や消防車のハシゴのように、動いて楽しい車なのです。その上カーショーでアピールできるイケイケな存在なわけですから言うことなしですね。

highnoonhopper_2.jpg

 車はシンプルなピックアップとして作られています。モデルは80年代のオーソドックスなアメリカントラックのようです。ボディサイドにタイルを貼り付ける手法で、スロープでボディの裾を丸めてネオクラシックなボディラインを表現しています。フロントグリルは1x1ラウンドプレートを積み重ねて表現し、丸型のライトに丸型のミラーと、旧車テイストのディテールとなっています。これだけならば田舎町に止まっていそうな普通のアシ車ですが、やはり大胆なポージングで人目を惹きつけます。ボディは黄色でペイントし、一部を緑にすることで陽気な雰囲気が満点です。

highnoonhopper_3.jpg

 これまでに4幅車界隈で培われてきたハイドロの仕組みを取り入れており、ポージングは実に様々に可能となっています。もちろん車高を下げることもできるので、こんな姿勢も可能です。長いトラックのベッドが映えるポーズです。テールはナンバープレート部分だけが水色タイルになっています。

highnoonhopper_4.jpg

 ハイドロの仕組みです。フィグは乗らない仕様なので、足回りの作り込みにはスペース的な余裕がありますね。4Lバーが車軸になっており、ペグ穴ホイールが取り付けられています。クリップとバーによるヒンジ構造になっており、また前後ともひねりも加えることができるようになっています。

highnoonhopper_5.jpg

 ひねりがあればこのようにスリーホイールも可能です。ちなみにこの車は本来開催されるはずだったHot Minifig Rides 2020のためにドイツから送られてきたエントリーカーです。車には乗せられないものの、スイッチャーのミニフィグが付属していました。車の横に立たせるととてもサマになりますね。4幅車はフィグを乗せてる時よりも、むしろフィグを横に立たせてる時の方がよくマッチすると思っています。小さなレゴの世界にカーカルチャーを再現するのが4幅車の楽しみなのです。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1374-03d08f80