Tough Gear:デリカスペースギアといつまでも - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Tough Gear:デリカスペースギアといつまでも

delicaspacegear_1.jpg

Mitsubishi Delica Space Gear / Builder: たけのこ

 10年以上の長きに渡るモデルライフで親しまれてきた名車が4幅車として復活しました。その名はデリカスペースギアといいます。



 今みたいなミニバンブームが来る前から、デリカという車は多くの支持を得たミニバンでした。それに現在見かけるようなミニバンとはかなり性格が異なる車でした。車高は上げられ、フロントには無骨なフレームのバンパーが備えられたオフローダーでもあったのです。ボディこそミニバンそのものですが、SUVのような性質も持った車だったのです。90年代当時ならRVなる言葉があてはめられたかもしれませんね。デリカのような車はデリカしかなく、そのオリジナルの姿を見事に表したのが今回の車です。

delicaspacegear_2.jpg

 彼の以前の作を見ても思いましたが、ミニバンをコンパクトにまとめるのが非常に上手いビルダーだと思います。デリカという車は見た目の印象としては車高も高いですし、少し大柄です。彼の4幅デリカはその腰高で体格の良い雰囲気を損なわず、一方で4幅車らしい小さなサイズにまで落とし込んでいます。ボディのシルエットそのものはシンプルなミニバン形を表しているものの、ボディの随所にみられるテクニックがこのデリカを濃密なモデルへと昇華させているのです。例えばフロントの作りなどはアイディアものです。ライト形状はシンプルなものの、白い輪ゴムを巻き付けることでバンパーのイメージを作り上げています。また下回りにハンドルパーツを配置しているのも、立体的なバンパーの表現に役立っています。ボディサイドにはサイドステップ、そして赤いマッドフラップが強靭な足元を演出します。

delicaspacegear_3.jpg

 黒とダークグレーのツートーンカラーがいかにもな90年代テイストです。ダークグレーとなる下半分はパーツの横組みで組まれています。ポチスロを入れることでフェンダーアーチをななめに切り取っています。この車は2ポッチ幅に収まりきらない大き目なタイヤを付けていますから、通常のフェンダーパーツでは上手くフィットしなかったのでしょう。上側をレールプレートで広げられたフェンダー回りも違和感なく仕上がっています。ホイールは黒のレーサー5スポークでにグレーの車軸の組み合わせで、目立ちすぎないものの引き締まった足元になっています。ルーフには遊び道具を載せます。ミニフィグ用アクセサリーとの組み合わせ遊びは4幅車の醍醐味ですね。

delicaspacegear_4.jpg

 裏面では、マッドフラップやサイドステップの固定にクリップが活躍しています。後ろのマフラーもクリップでパーツを掴んだ固定方法です。ハラキリもしていませんし、裏面までディテールとして作り込まれていますね。車高高めな車ですから、裏側も見られて恥ずかしくない形にするのは大正解です。
 この車は全くのノーマル仕様でしたが、車としての魅力はカスタムカーにも劣りません。デリカという車そのものの魅力もありますし、それを形にしたビルダーの力量ももちろんすばらしいです。ノーマルカラーでも楽し気な雰囲気がよく伝わってきます。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1384-a81d3751