New Gen Racer:新世代レーサーの完璧な作り込み - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

New Gen Racer:新世代レーサーの完璧な作り込み

newgenracer_1.jpg

Builder: jip

 新しい世代のレーサーが4幅として登場しました。それも完璧なカーペットディスプレイ付きです。



 ボディとシャーシを分離した展示が衝撃的なこちらの車、特に車種は明記されていませんが、ビルダー曰く今年の東京オートサロンで展示されていたネオジャパンシビックからインスピレーションを受けたものということです。サイバー感をイメージし、ボディにはレゴカーズのジャクソン・ストームのプリントタイルが採用されています。そしてエンジンやロールケージが作り込まれ、それらが4幅ボディの中に収まった驚きのマシンは新世代レーサーとなりました。

newgenracer_2.jpg

 シビックをイメージさせるコンパクトハッチなボディスタイルです。ボディカラーはプリントに合わせてダークグレーと黒の塗り分けになっています。エンジンなどの内部の物を包み込むボディは、普通の組み方では構築することができません。例えば4幅車用の2x4フェンダーなどはフロントにもリアにも使うことができません。フロントはタイルを横組みし、大きく飛び出したエンジンのためにスペースを開けています。エンジンはインテークパイプが8本並んだ大きなものが搭載されています。ボンネットから飛び出すエンジンという表現はこれまでもたくさんのビルダーが取り入れてきたものですが、この車のようにリアリティの伴ったものはそう多くありません。余計なスクープもエアクリーナーもないピュアな姿に気合いの入ったレーサーの熱を感じます。

newgenracer_3.jpg

 フロントのリップスポイラーに合わせて、ルーフにも小さめのスポイラーが備わります。派手なエンジンに対してボディの外装はかなり控えめです。リアフェンダーはポチスロを逆組みしてアーチにしています。このためリア回りが丸ごと逆組みになっています。またこの車はシャーシ部分も上下反転しているので、ルーフとフロント周りの一部くらいしか純粋な方向で組まれていません。ボディの挿し色はプリント以外にはありませんが、テールライトがグラフィックに合わせて水色になっています。

newgenracer_4.jpg

 ボディを外して展示できるディスプレイは4幅車としかかなり画期的なものです。かつてここまでやれた車はそうないでしょう。ただしボディの取り外しには多少の手順が必要で、そのままの形で綺麗に取り外しができるわけではありません。ボディも接続されていない部分があるため、展示用のフレームの上に取り付けることでボディの形を保っています。ロールケージはロボアームやバーが組み合わせられます。ルーフ部分には軟質チューブを短くカットしたものが橋渡しとして使われています。かなり狭いロールケージの中にはしっかりとドライバーが収まっています。ちなみにハラキリもされていません。ただしミニフィグの足は通常レッグではなく、短いものにする必要があります。
 表も裏も、そして内側まで完璧に作り込まれた新世代レーサーは、4幅車のショーカーとしてパーフェクトなレベルに達していました。私たちのカーショーでもここまでのものはなかなか見られません。4幅車は今ここまで進化しているのです。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1387-31e797a8