Orange Bash:デュアリートラックをスラムド - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Orange Bash:デュアリートラックをスラムド

orangebash_1.jpg

Orange Bash

 今年最初に作ったトラックです。今回は前々からやってみたかったことに挑戦しました。



 これまで私が作ってきたトラックの傾向をまとめると、ハイリフトの大きなトラックか、スラムドなミニトラックのどちらかになることが多かったです。これらのトラックももちろん私がショーカーとしてやりたいことを詰め込んだものでしたが、これまで構想はあっても形にできなかったトラックがありました。それは大きなデュアリートラックをローダウンすることです。デュアリーというのはリアタイヤがダブルになったピックアップトラックのことで、普通のトラックよりもさらにタフな仕事をこなすために用いられます。その完全な働く車であるデュアリートラックをベッタリスラムドするのが今回やりたかったことです。スラムドすることによる効果は、見た目がめちゃくちゃ格好良くなるということですね。

orangebash_2.jpg

 最初はグリーンで作ろうと考えていましたが、持っているパーツと相談した結果オレンジに変更になりました。見た目的にはオレンジで大正解でした。オレンジの明るい雰囲気はカーショーにぴったりです。今回の見せ場は太くなったリアタイヤとフェンダーなので、ボディは真っすぐなラインでシンプルに構成しています。ホイールベースはかなり長めに取り、10ポッチに及びます。この大柄な雰囲気を4幅でやりたかったのです。ルーフはカットし、風防には高さ1の低いものを使いました。理想をいえばベッドまで含めてボディ全体がひとつのバスタブのように作りたかったですが、リアフェンダーの構造的にベッドはタイルで埋めるしかありませんでした。その代わりキャビン回りはドアで囲んでボディの壁の薄さを出しました。

orangebash_3.jpg

 ボコっと膨らんだリアフェンダーがデュアリートラックのスタイルの魅力です。私のデュアリーのイメージは、小学生時にホットウィールから出たシェビーC3500で、リアフェンダーだけがえらく広がっていてかなり細長い車という印象でした。今思えば共通規格のブリスターパックに収めるためにスケールが下げられていたのですが、私のレゴ版デュアリーはあの頃に見たホットウィールをかなり引きずっています。フェンダーにはカーブスロープを使い、中には11mmワイドホイールを収めています。本当はもっと角張った形状にしたかったのですが、使いたい部品は在庫になかったので今回は丸っこいフェンダーになりました。テールライトはカスタムっぽくクリアにしてあります。ライトの色を抜くとボディカラーが一層映えます。乗せているのはミニフィグではなくレゴフレンズのミニドールです。この車にはパーティピープルがよく似合います。

orangebash_4.jpg

 前後ともにクリップを使ったヒンジで車軸を固定し、ベッタリ着地するまで車高を調整可能です。もちろん反対に上げることもできます。リアはワイドホイールにスリックタイヤを2個ずつ履かせ、実際にダブルタイヤを飲み込んだデュアリー仕様になっています。
 また一つ、派手なショートラックを自分のコレクションに加えることができました。カラフルなものが好きな私ですが、トラックは特に色鮮やかにしたくなります。これからも色々なトラックを作ってショーを賑やかにしていきたいです。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1394-d5ca3801