Iguana:ダークパープルファンタジー - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Iguana:ダークパープルファンタジー

iguana_1.jpg

Iguana

 大きなトカゲのように地面を這い、腹を擦るような車が私は大好きです。低さの中に車の格好良さが生まれます。



 レゴブロックで車を作るということは、四角さからの脱却を目指すということと隣り合わせな気がします。当たり前ですがレゴで作るのが一番簡単なのは四角い箱です。そこにタイヤを付ければ一応車にはなりますが、それではイメージするような格好いいスタイルにはなりません。私たちは自分の車を格好良くするために、カーブスロープを使ったり、部品を斜めに取り付けたりします。シャープな顔つきの車を作りたくて、初めはカウンタックをイメージしながらスーパーカーを目指しました。出来上がった車は全くランボルギーニでもなんでもなくなりましたが、とりあえずスポーティな形にはなってくれたと思います。コンセプトはレトロな感じと未来っぽい感じと、それとめちゃくちゃ格好いい感じです。

iguana_2.jpg

 この車の始まりは尖ったフロントノーズからでした。インスタグラムでスピードチャンピオンズ規格のMOCを見て、そのフロントノーズの組み方がアイディアものだったので真似して4幅にしてみました。ライトの配置はやっぱり80年代のランボルギーニやフェラーリをイメージしています。斜めになったノーズからはスムーズにカーブスロープへとつながっていきます。うまい具合にフロントが決まってくれたので、それと釣り合いを取るためにリアにも盛り上がりを付けることにしました。リアは大きなタイヤを装着し、フェンダーも広い形に変えて位置を上げました。前後で極端にタイヤサイズを変えるのはリアリティを欠くことになりますが、今回はあえてインパクトの大きいコミック調なスタイルにしてみました。色はエキゾチックなダークパープルです。今年出たばかりのルーフパーツ新色をさっそく使いました。紫色もかなり車が作りやすくなってきたので、今後のニューカーの登場に期待が持てますね。ホイールは11mmワイドの白で、内装も白にしています。

iguana_3.jpg

 リアウィンドウ部分はルーバー風にグリルスロープで埋めました。そしてテール回りももう一つの見所です。テールライトは未来的なイメージで左右に尖らせてみました。そしてエグゾーストとディフューザーが絡み合う下回りが上手くはまってくれたので、理想通りの密度感が出せました。ウィングパーツをひっくり返してディフューザーにし、マフラーはピストルを使って斜めに出す形にしました。インパクト狙いでエグゾースト回りも一度は白にしましたが、そこはあえて落ち着いたダークグレーに改めました。色のインパクトを生み出すには、キャンバスの全てを派手派手に塗りつぶしてはいけません。暗い所があるから明るい所が目立ち、一点の光が輝いて見えるのです。この車も白いホイールのインパクトを殺さない配色を心がけました。

iguana_4.jpg

 ホイールの固定は水平クリップです。前後ともに少しのキャンバー角を付けています。実のところ、この取り付け方だとタイヤ位置が上がりすぎるので、タイヤが浮き気味になってしまうのですが、他に上手い収め方もなかったので少し妥協しました。どの道タイヤは回りませんし、置いて眺めるだけなので特に問題はありませんね。ミニフィグを収めるためにハラキリしています。最近リリースされ始めた1幅ブラケットは4幅車で大活躍するパーツですね。フロントノーズ部分はクリップによって接続されます。
 艦船レゴオフでの写真撮影では、他のシャコタン車と並べて良い撮影ができました。シティフェンダー大好きな私は、色付きのシティフェンダーがあるとすぐに使いたくなってしまいます。この車にも使っているように、ダークパープルも両タイプのシティフェンダーがすでにリリースされているんですよね。ダークな雰囲気と色合いのエグさを出すのにぴったりなこの色、ぜひ特別な1台を作るのに活用してほしいです。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1403-70c9bbca