Moving Slow:ファッションとしての軽カスタム - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Moving Slow:ファッションとしての軽カスタム

movingslow_1.jpg

Builder: たけのこ

 私たちの国で重要なカルチャーの一つが軽カスタムです。この手ごろで身近な車がカスタムで化けます。



 安価な移動手段として軽自動車は日本全国に普及しています。本来はそのコストの低さこそが人気の根源でもあるわけですが、それにお金と情熱を注ぎこんでカスタムをする文化が日本にはあります。なんのことはありません。他のカスタムカルチャーと全く同じことです。普通なら見向きもされないような軽をイジって、みんなが注目するカスタムカーに変身させられたらこれほど楽しいことはありませんね。日本にはK-Styleという雑誌も発行されており、軽カスタム文化が広められています。最近はスタンス文化の流行りを取り入れた車がやはり多く、スタンスネイションなどのイベントでも普通の車と同様に盛り上がりを見せています。

movingslow_2.jpg

 まさに今風のテイストという雰囲気の軽カスタムです。モデルは特にありませんが、ダイハツのムーヴやミラなんかをイメージさせるスタイルです。ストックを活かした真っ白なボディに、スタンスな足回りをシンプルに決めたリアルテイストな雰囲気です。こういう車は現実のストリートでも見かけることがありますね。ホイールは11mm径のメッシュホイールで、若干ツラを出しつつフェンダーアーチいっぱいにセットしています。車高はもちろん地面ギリギリまで下げられ、コンパクトなボディと足回りの厳つさのギャップが上手くはまっています。フロントはポチスロのヘッドライトをツリ目にし、ウィングパーツをフロントフードに配置しています。SNSで発表された当初は黒フードでしたが、白に改めたようですね。黒ボンネットもカスタムな雰囲気がありますが、変に色を変えない方が自然なスタイルにまとまってよりクールになったと思います。フロントバンパーにはナンバープレートとなる黄色の1x1プレートが配置されています。

movingslow_3.jpg

 フロントガラスからルーフは、ボディとは半ポッチずらして接続されています。リア回りはかなり複雑な組み方です。両サイドに向いたテールライトは1幅ブラケットが使われています。リアガラスは黒の2x3タイルを配置し、その両側から縦長のテールライトを出しています。この辺りの形はかなりダイハツっぽい感じがしますね。ルーフの端にはスポイラーが付き、車全体のシルエットが引き締められています。テールにもフロント同様に1ポッチ分の大きさのナンバープレートが付いています。

movingslow_4.jpg

 ウェストライン高めで、ハラキリせずとも余裕でミニフィグを収めることができます。ホイールは車軸ではなく水平クリップで固定されています。キャンバー角はほとんど付けられていませんが、アーチにぴったりタイヤが着くセッティングが実現されました。
 ものすごくコンパクトでボディも白一色のシンプルな車ですが、それゆえに素材のスタイルを活かして見事に変身させた素晴らしい例となりました。これはイケイケなカスタムでもありますし、ファッションでもあります。こんな車で街を走れたらとても気分がいいことでしょう。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1406-ab53709b