Hydro Ridin:ハイドロアクションでレゴシティの注目を集めよう - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Hydro Ridin:ハイドロアクションでレゴシティの注目を集めよう

hydroridin_1.jpg

Hydro Ridin

 私も挑戦してみました。ローライダーコンパクトです。格好いいハイドロアクションを決めるのが今回の目的です。



 最澄氏がスポコンのローライダーを作っていたので、私も真似して作ってみました。彼の車は以下の記事で紹介しました。
 ローライダーもコンパクトも、4幅車ではすでにメジャーなジャンルですが、それを組み合わせたローライダーコンパクトはまだまだ未発展の分野です。小柄なボディに組み込みやすいハイドロの仕組みは、簡単でありながら天才的な発想だったので、そのまま真似しました。彼のはシビックだったので、私はトランクを付けて'90sなアコードっぽくしてみましたよ。まあ特定の車種に似せることは目的ではありません。要はイケてるローライダーコンパクトを作りたかったということです。

hydroridin_2.jpg

 ハイドロの動きだけでもローライダーっぽく見せることはできますが、やっぱりボディメイクの方もそれなりにこだわって作りたいものです。しかしコンパクトボディでローライダー的な作り込みはなかなか難しいポイントでもあります。まずは赤いボディにペイントの深みを出すために、ラインを追加しました。暖色系でまとめてオレンジとマゼンタを使っています。それとメッキパーツを取り入れたかったので、フロントグリル、サイドミラー、さらに室内の飾りなどをパールゴールドにしました。ボディはワイドにしたりせずにシンプルなシルエットでまとめます。ドアは一応開閉可能ですが、さらにフードやトランクの開閉も、もしできたらかなりショー映えすると思いますね。ホイールは黄色の8mmワイドにしました。ローライダーにしては少し太いタイヤですが、ハミタイなツラにしたかったのでこの選択にしました。

hydroridin_3.jpg

 室内にはリアウィンドウの下にスピーカーを設置しました。やれることが少ないですから、やれる手はできる限り尽くしてそれっぽい雰囲気を作りたいですよね。テールライトはとりあえずクリアレンズにしてみました。クリアテールはローライダーに限らず、カスタムっぽさを出せるのでよくやります。しかしやる時はくれぐれもカスタムの雰囲気を崩さないように慎重に選んでください。派手な色のナンバープレートを付けてテール回りもディープな色合いになりました。

hydroridin_4.jpg

 1x2片側車軸を使い、クリップヒンジで可動にしています。クリップを受けるグリップハンドルプレートは配置に注意してください。ミニフィグが座るスペースを確保しないといけないので、リア側のハンドルプレートはミニフィグの背後に立てて取り付けています。ちなみにローライダーなら裏面から見たときもショーアップしていないといけないので、あえてパールゴールドのパーツを使っています。タイヤ左右別々に動かせるのでスリーホイールも決めることができます。ただし国産コンパクトのようなモノコック車で高いホッピングはご法度ですね。衝撃で車体が歪んでしまいます。
 スポコン以前のUSDM趣味ではこの手のホンダ系ローライダーはかなり人気だったと思いますが、今やクラシックな趣味になってきました。しかし古くなった今また注目が集まりつつあるジャンルだと思います。ハイドロアクションでレゴシティの注目を集めましょう。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1419-1b35c521