The First Champion:葉巻型フォーミュラの頂点 - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

The First Champion:葉巻型フォーミュラの頂点

hondara272_1.jpg

Honda RA272 / Builder: jip

 日本で最初のF1チャンピオン、ホンダの葉巻型F1です。シンプルで美しいラインがフィグ乗り4幅車として登場しました。



 4幅車界隈ではフォーミュラーカーはほとんど作られることがありません。コックピットが絞られたボディ形状からして私たちの土台の上で4幅化するのは困難を極めます。しかしF1はレースの世界のトップであり、車が性能を求めて進化した究極の形です。それを私たちの世界に取り入れない道はありません。ホンダRA272はごく初期のホンダフォーミュラーの一つです。デビューは1965年、当時は葉巻型と呼ばれる、ウィングレスのマシンがスピードの頂上を争っていました。この車によってホンダは初めての、そして日本で最初のF1優勝を掴みました。4幅車としては非常にチャレンジングな題材です。しかし彼は作り上げてしまいました。これは間違いなく4幅車ですし、あの日の優勝を飾ったチャンピオンカーそのものです。

hondara272_2.jpg

 細いボディをどのように表現するか、もちろんフィグ乗りにした上で、というのがこの車を作る上での最も大きな課題でしょう。結果、コックピット周りのボディは完全な4幅となりました。カーブスロープで下に向かって絞られ、細身に見えるボディは中央の2ポッチ幅シャーシの両サイドに、ブラケット+2プレート(すなわち1ポッチ幅ずつ)という具合になっています。フロントノーズを完全に2幅とし、タイヤを両側に飛び出させることで、細長いボディに見せています。フロントノーズ周りは実はパーツが上下反転しています。ウィンドスクリーン辺りを接続するために2x2側面ポッチパーツがひっくり返しになっていますね。プレートの裏面が表に出ているというかなり思い切った構成です。ノーズ先端の開口部は、黒の1x2ラウンドプレートを配置して表現しています。

hondara272_3.jpg

 悩ましいタイヤは思い切ったバランスに舵を切っています。フロントは小さなワイドスリック、リアには11mmワイドホイールに、スリックタイヤと14mm用シティタイヤの二重履きとなっています。黒いホイールの組み合わせが非常に重厚で渋い味わいです。リアからはボディとほぼ同じ高さに黒いエグゾーストが伸びています。タイヤの間にはサスペンションと、細いアームのディテールが見えており、リアの眺めはとてもセクシーです。

hondara272_5.jpg

 実車と同様にエンジンカウルの取り外しが可能です。中にはなんとエンジンが再現してあります。ただでさえ手狭なボディの中で、この作り込みは驚きです。ワイルドに飛び出したインテークパイプの迫力が、この小さなボディの中にも再現されています。ちなみに実車はV12が横置きとなり、厳密なエンジンの再現ではないのですが、この雰囲気は実際のマシンに迫るものがあります。カウルは上下逆組みで接続されています。この車は前から後ろまで、ほとんど逆組みでできています。

hondara272_4.jpg

 さすがにハラキリでミニフィグのポジションを低くしていますね。コックピットが狭いのでドライバーはお手上げ状態で乗る形になっていますが、よくぞこのサイズの中でフィグ乗りフォーミュラを作れたものだと感心します。ドライバーの服装も当時のレーサーらしい雰囲気に合わせられていて素晴らしいです。ボディ前後はバーを介してクリップでつながっている箇所があります。車軸は前後ともに逆組みになっていますし、純組みの個所はほとんど存在しないことが分かります。
 フォーミュラーカーもすでに私たちの文化の一部となりつつあります。そしてこのホンダは広大なフォーミュラの世界のほんの欠片でしかありません。これから他の面白いマシンが続々と登場してくることでしょう。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1420-93359ec0