British Checks:職務放棄のミニバンパトカー - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

British Checks:職務放棄のミニバンパトカー

britishchecks_1.jpg

Builder: Lime

 アイディアはどこにでも転がっています。例えばトイザらスで見かけたおもちゃの車からインスピレーションを得ることもあるわけです。



 青と黄色のチェック模様はイギリスのパトカーでよく見られるカラーリングです。現代的なミニバンのパトカーを、太いタイヤでカスタムしたこちらの車は、ビルダーがトイザらスでたまたま見かけたおもちゃのパトカーを元に製作されたものです。ミニバン、ユーロパトカー、そしてローダウンカスタムと、これまでの4幅車カスタムの中ではありそうでなかったものの組み合わせです。パトカーというとこれまでは白黒カラーのものが多数作られてきましたが、ヨーロッパや世界各地を見れば様々なカラーリングが存在します。中には派手な色合いのものも珍しくなく、カスタムのベースとして注目に値するものも多いです。4幅車では意外と少なかったパトカーカスタム、これからはショーアワード狙いの車がもっと増えてくるのではないでしょうか。

britishchecks_2.jpg

 ボディカラーのメインは地味になりがちなグレーですが、チェック模様との組み合わせで見事にフレッシュなカラーリングに変身しました。スピードチャンピオンズの大きなフェンダーで、幅広感のあるボディになっています。ベルトラインは高いですが、風防は背の低いものが使われており、どっしりと落ち着いた重量感を感じます。ドア部分はタイル1枚分幅拡張されており、細身になりすぎない恰幅の良さが表現されています。チェック模様の下には、1/4円タイルでプレスラインが入れられ、四角いミニバンボディの中に躍動感を与えています。ボンネットはタイルをヒンジで斜めに固定し、黒いタイルで表されたヘッドライトは現代的でクールな鋭い目つきです。フロントにはパトカーの装備としてバンパーが取り付けられます。バンパーはミニフィグの腕と、テクニックのピンコネクタが組み合わせられています。ホイールは最近よくリリースされているフラットシルバーの14mm径ダブル6スポークです。最近流行りの鬼キャンにはせず、タイヤもノーマルの組み合わせでセットされています。カスタム的なポイントは、このタイヤをオフセット外側で入れているということです。パトカーという題材と、ファットなタイヤでハミタイにしているギャップが、この車を100倍クールに見せてくれます。

britishchecks_3.jpg

 ルーフはタイルで平らに作られています。パトライトも平たい形状で今風ですね。スクエアなリア回りは退屈になりがちなところですが、彼のミニバンはここにもテクが発揮されています。まずリアウィンドウには黒の2x3タイルがはめ込まれます。1x1ブロックでピラーを作ってしまうと、リアウィンドウは2ポッチ幅と非常に小さくなってしまい、後ろからの見た目が引き締まりません。しかしこのやり方なら4幅車でも幅のあるリアウィンドウを作ることができます。似たような手法はテールライトにもあります。1x1のクリアタイルで置かれたライトを、半分ほど隠すことでライトのサイズを小さくし、デザインのリアリティを上げています。テールライトを隠すのに使われているのは1x2のパネルで、背中合わせにしてリア部分に埋め込まれています。バンパーもディフューザーとマフラーの形が作り込まれており、真っすぐに切り立ったリア回りも見所ばかりで埋められる完成度の高さを披露します。

britishchecks_4.jpg

 御覧の通り床もあり、ホイールも通常の車軸にセットされています。しかし本来このフェンダーに組み合わせるものよりもタイヤサイズを下げたことで、今回の車がカスタムたりえる姿になりました。カスタムとはパーツそのものの性質ではなく、普通のパーツの組み合わせから生まれるものです。常に新しいカスタム方法を探している4幅車ビルダーだからこそ生み出せるものです。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1430-a7b98b0a