Prevator:真似から始まるヨンハバカスタム - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Prevator:真似から始まるヨンハバカスタム

prevator_1.jpg

Prevator

 人の真似をしましょう。何事も上達するにはそれしかありません。マネからイケてるカスタムカーを作り出すのです。



 私はレゴビルダーとしてはあるまじき(?)ことに、人のまねをするのが大好きです。ツイッターでkoneko氏のトヨタエスティマを見た私は、そのスタイルにピンときて真似して作ることにしました。彼のエスティマは白一色のノーマル状態でしたが、私のエスティマはもちろんカスタムします。私は公式製品の車をカスタムするのも好きですし、他人が作った4幅車を勝手にカスタムバージョンにするのも好きです。別に一から生み出すことばかりがレゴの楽しみではありません。マネしてモディファイし、自分好みに作り変えるのもレゴの楽しみです。

prevator_2.jpg

 Koneko氏のエスティマは非常にコンパクトで好感の持てる車でした。ホイールベース7ポッチで、低い風防と組み合わせ、ミニバンでありながら流れるようなラインを持つエスティマが再現されています。私のエスティマはボディの組み方は基本的にそのままにし、足元を変更しました。ホイールはレーサー5スポークにし、鬼キャンでローダウンしています。とりあえずシャコタンにすればどんな車でも格好良くなるというのが、私の信条です。そしてボディカラーもカスタムします。フェンダーやスロープパーツの在庫と相談し、ダークブルーと赤の2色をチョイスしました。間に白いラインを入れて、明るくさわやかなイメージにしました。元々のファミリーカー的な雰囲気は壊し、ショーカーとして作っています。

prevator_3.jpg

 カラーリングで重要なのはボディだけではありません。ウィンドウ、ライトレンズ、そして内装カラーなど考えるべきポイントは多岐に渡ります。まずウィンドウはボディカラーとのマッチングを考え、基本的には全面同じ色に統一します。ライトレンズもカスタムするのであれば、色付きという手もありますが、簡単にクールさを手に入れるにはテールをクリアにします。もちろんカスタムの方向性をよく考えるべきですが、クリアテールは見た目のフレッシュさを手に入れるのに良い手法です。室内ではダッシュボードを赤色にし、明るい雰囲気を増強しました。

prevator_4.jpg

 キャンバーの付け方はいつものクリップです。ここでは私がよくやる手法をお見せします。1x2/2x2の上向きブラケットに、プレートとクリップを積み重ねます。4幅フェンダーのときは大抵このやり方です。タイヤの頂点部分でフェンダーとツライチにするか、少し外側に出すくらいが格好いいポイントです。スタンスは現実のシーンを参考にしますが、すべて本物の車と同じにはできません。レゴの車は実車とは違ってボディサイドが垂直に切り立っています。格好いいスタンスを作り出すには、キャンバーは大きめに付け、タイヤもややツラソト気味にするとバランスがよくなります。

prevator_5.jpg

 右の白い方がオリジナルとなったKoneko氏のエスティマです。私のは基本的なフォルムはトレースしていますが、部分的にあえて変更している箇所もあります。フロントのシャコタン具合と、エスティマのクリーンな丸みを表すために、フロントバンパーは組み方を変えてカーブスロープを配置しています。またリアバンパーもオリジナルより切り上げています。比べてみると、やはりタイヤの張り出し具合で大分厳つい見た目になっていますね。ショーネームのPrevatorは、エスティマの海外名であるPreviaから取り、プレデターと組み合わせた造語となっています。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1433-4471a87b