Black Fastback:マッスルニュービジョン - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Black Fastback:マッスルニュービジョン

blackfastback_1.jpg

Builder: Lime

 カスタムには常に新しいビジョンが必要です。このファストバックからは新鮮なインスピレーションがたくさん感じられます。



 4幅車のマッスルカージャンルにまた新しい波がやってきました。これまでに存在した一定のセオリーを打ち破るものです。今でも進化を続けるマッスルカーのカスタムにもトレンドがあり、最近では大胆にスラムドされる場合も非常に多いです。今回の車は大型リムとスラムドが組み合わせられたイマドキなテイストに仕上げられています。そのキモとなるパーツは、スピードチャンピオンズの大型フェンダーです。彼はこれまでも、普通なら持て余すサイズのこのフェンダーを果敢に取り入れてきました。

blackfastback_2.jpg

 4幅車を作るということは、基本ブロックのスカルプチャー(彫刻)とは全く異なります。4幅車ではパーツの形が、そのままボディを形成します。この車のボディは前後左右に4個配置されたフェンダーがメインとなり、ボディフォルムを形作っています。フェンダー以外のパーツは本当に必要最小限しか使われていません。厳つい表情のフロントマスクも、パーツひとつひとつを見ていくと非常に単純な組み合わせで作られています。黒の給油ピストルをV時に配置したフロントバンパーが、フロント周りの良いアクセントとなっていますね。全体的にボディのボリュームアップは最低限にし、低い車高と薄いボディのプロポーションを実現しています。フロントフードは平らにならないように、5角形タイルがヒンジを使って斜めに配置されます。大きなフレアが付いたフェンダーの中には、15mm径となるバイクホイールに、スリックタイヤを引っ張りで履かせたものが収まります。1ポッチ幅で15mm径となるホイールは他にはありません。最近のシティに使われている6スポークは14mm径ですから、それよりも若干大きいサイズとなります。フェンダー内の広い空間を使い、リムがアーチと被る理想的なスラムド車高となっています。

blackfastback_3.jpg

 ルーフは風防ごと後ろに傾斜して取り付けられています。ルーフ自体もカーブスロープを使い、ボディとスムーズにつながるようにされています。風防は高さ1のもので、徹底的にボディシルエット自体を低く作られています。リアデッキもカープスロープを配置するだけではなく、3ポッチ幅のタイルを斜めに置いていますね。テール回りはグレーとなっていますが、赤いレンズはあえて取り付けられていません。車全体を通して徹底的にモノトーンが守られた構成になっています。クラシックなボディに足元の作り込みは非常にモダンで、窓から覗く5スポークのハンドルもハイテックに見えてきます。

blackfastback_4.jpg

 彼の車は屋根が低く、裏面は大胆にハラキリされていることが多いです。寝かせるように乗せれば一応ミニフィグを中に入れることも可能と思われます。バイクホイールの接続にはレールプレートが使われています。接続というよりも、外れないように挟み込んでいるだけのようです。スピチャンを買ったことのある人なら分かる通り、このフェンダーパーツは4幅ボディの中ではあまりにもスペースを食いすぎます。大きさに2種類あり、こちらはその小さい方のタイプとはいえ、このパーツを使った作例自体まだまだ少ない状況です。しかしこの車はいわゆる「ダメパーツ救済」のような意図で作られたものではありません。このパーツに可能性を見出し、浮かんだビジョンを形にしたものです。実際彼の車は素晴らしい先駆けとなりました。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1444-75c1cab9