Street Tiger:S30 Zのトリック - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Street Tiger:S30 Zのトリック

oranges30z_1.jpg

Nissan Fairlady Z / Builder: Lime

 新型が発表されたばかりのZ、その最初の姿は今となっては伝説となっています。これは4幅で作られたレジェンドです。



 日本のスポーツカーといえばこれ、というのがフェアレディZです。同じく日産のGT-Rと双璧を成すカーガイたちの人気の的ですが、その歴史は非常に古い時代までさかのぼります。初代にあたるS30型のZは、旧車界のスターです。数ある旧車系雑誌でも、この車がカバーに載るかどうかで売り上げが変わるというほどの絶大な人気があります。私はあまのじゃくではないと自負しているので、みんなが好きな車は大抵好きです。Zだけが特別扱いされるのもこれまで築いてきた歴史があるからであり、それは今後も決して汚されることのないレジェンドとしてカーシーンに残り続けます。たとえばこちらの4幅のS30も、若い世代へと名車を語り継ぐ道標となることでしょう。

oranges30z_2.jpg

 彼がこの手の古いZを手掛けるのは初めてではありません。これまでのZも非常に素晴らしいもので、何台かはうちのブログにも載せましたが、今回のこのオレンジの1台はその集大成であり、これまでのレゴパーツの技術を集めた結晶ともいえます。彼のビルドの素晴らしさは「表現」の特異さに隠されています。例えばヘッドライトにそれが顕著に表れることが多いです。長いフロントフードは1ポッチ狭めた3幅となっており、ロングノーズなスタイルをさらに強調します。そしてヘッドライト部分はというと、厳密にはライトはパーツとしては表現されていません。しかし黒いフードとオレンジのボディの段差だけがあり、それがZの鋭い目に見えるという間接的な表現をしているのです。これはまるでレゴパーツを使ったトリックです。しかし4幅車のように小さなレゴ作品を作る上では、そのパーツのトリックが重要になってきます。彼が上手いのはこの部分なのです。ボディサイドにはミニクーパーの小さいオーバーフェンダーが取り付けられ、黒塗りのフードなどと合わせて旧車チックなワイルドさにあふれています。ホイールは小さい径の8mmを選択し、フロントはナロータイヤで、リアはワイドスリックタイヤを合わせて足元も適度に厳つく決めています。リアタイヤは8mmワイドホイールをあえて使わずに、普通の幅の8mmホイールにワイドなタイヤを組み合わせます。この組み合わせだとタイヤの側面のボリューム感が出せて70年代テイストになる他、タイヤのツラも若干引っ込むと思われるのでフェンダーとピッタリ合うようになります。

oranges30z_3.jpg

 不思議な形のフロントウィンドウは、70年代に一時期だけリリースされていた車用の風防パーツです。現在の普通の風防とは異なり面が湾曲しているのが特徴で、フォルムがリアルになります。ただし車にミニフィグが乗るようになる前の時代のパーツなので風防の内側にも壁があり、フィグを乗せる際には少し邪魔になります。しかしこのクラシックなスポーツカーにはよく似合うパーツです。小さなルーフはクリップによって斜めに取り付けられます。小ぶりなルーフはZのスポーティなスタイルをよく表していますね。コーナーパネルで四角く囲ったテールライト周りの作り込みも、古いZのイメージが素晴らしく再現されています。ここもやはりあえてレンズとして赤いクリアパーツを入れないセンスも彼ならではのトリックです。1x1サイズのライトレンズはリアルな縮尺から考えれば大きすぎるので、レンズそのものは見る側に想像させる形で、ライトの縁取りなどのディテールだけを作っているのです。

oranges30z_4.jpg

 まあやはりハラキリですね。この車に乗るミニフィグは苦行を強いられそうです。フェンダーがワイドなので、車軸も2x2ワイドが前後とも使われています。タイヤの幅分だけリアの方が外に出る感じですね。さらに注目はマフラーの作り方です。テールの下部分に4Lバーを置き、そこにミニフィグハンドを2本取り付けてマフラーにしています。マフラーパイプの作り方は色々とありますが、ミニフィグの手を使うメリットは、斜め向けに出せることですね。その代わりにパイプとしては若干細くなってしまいますが、この車の精細なスケール表現としては、この細いマフラーもリアリティ向上の一員になっているわけです。
 このトリック満載のS30 Zは、4ポッチ幅とは思えないほど濃いディテールの結晶でした。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1453-5ceef7f4