Sodalite:DUBスタイルショーカー - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Sodalite:DUBスタイルショーカー

sodalite_1.jpg

Sodalite

 レゴの車にも色々なスタイルがありますが、レゴの場合はどの道飾るだけの代物になるので、完全にショー向けに作ってみました。



 何かショー映えする車が作りたいと思い、DUBショーに出てそうなショーカーを作ってみることにしました。DUBなどでフィーチャーされるラグジュアリー系カスタムといえば、大径のホイールです。といってもバカみたいなサイズのホイールを履かせているドンクのようなスタイルではなく、フェンダーにちゃんと収まる範囲でラグなテイストを出してみました。ベースは2000以降のセダンをイメージし、地味なシルエットでも最大限に派手さが出るようにチャレンジしてみました。

sodalite_2.jpg

 まずはホイールが決まらなければ何も始まりません。今年リリースのレゴシティで初登場となった、ダークアズールの14mmホイールに白羽の矢が立ちました。私がよく使う11mmホイールよりは3mmほど大きいサイズとなりますが、4幅車としてはそれほどインパクトのあるサイズではありません。その代わりにフェンダーの中にしっかりタイヤを収めて車高を低く作ります。ホイールが決まったので、ボディも青系統でまとめることにしました。今回はボディフォルム自体は普通の車をベースにしているので、ショーカーらしい、普通ではないディテールを盛り込んでいくことにします。ヘッドライトも青系のレンズにし、車全体を同系色でまとめました。ライトやホイールをの色をボディに合わせるのは、DUB系のラグジュアリーカスタムではよく見る手法です。ケバケバしい派手さを求めるなら色のコーディネートはフロントからリアまでしっかり手を入れるのがポイントです。ボディカラーには青をベースとしつつ、アズールとマゼンタでラインを入れました。実際のショーカーはもっと複雑なペイントですが、レゴのモザイクで表す場合には模様が汚くなりがちです。奇抜さを出しつつも、シンプル化して色のラインを綺麗に見せるバランスをよく考えないといけません。今回はあえて青系統から外した色も加えることで、青の鮮やかさを引き立てる形にしました。

sodalite_3.jpg

 そして今回やりたかったのが、このカットしたルーフです。オーディオや内装をよく見せるこのカスタムは、ハイレベルなショーカーではよく見られるものです。これをするからには中の作り込みもしっかりしたいので、リアには緑色のスピーカーを配置し、ダッシュボードなどの内装はアズールにしました。新しめの車種で、さらにドレスアップ系の題材なのでサイドミラーも付けています。公式でもよく使われるロックヒンジの一本爪です。サイドミラーはむしろプロポーションを邪魔することもあるので付けないことが多いパーツですが、こういう車の場合は要素を増やすという意味でも付けておいた方が良いと感じます。

sodalite_4.jpg

 ホイールはクリップ固定です。この組み合わせは少し緩めですが、問題なく持ってくれます。オフセットはややツラウチになるようにします。ボディはしっかり下がるように、シティフェンダーよりもさらに半プレート分裾のを下げています。シティフェンダーに大きいリムを入れてシャコタンにする際には、この半プレート分の調整は必須となります。鬼キャンにしても車高が落ち切っていないのはダサいので、必ずこだわるべきポイントです。
 DUBショーのスタイルは私も大好きなので、自分の4幅車には取り入れていきたいと考えています。やはり大きくてインパクトのある足元ありきなので、ホイールのパーツ選定が一番の鬼門になってきます。そのため作りたいとは思うものの、なかなか台数を増やせていません。これからもこの手の車を作っていってショーを賑やかにしたいですね。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1462-2a43eec6