Racers at Rest:海老名ブリックカンファレンス2020 Part4 - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Racers at Rest:海老名ブリックカンファレンス2020 Part4

ebibri2020_4.jpg


 海老ブリレポートパート4は2日目の後半です。ビーチでレーサーたちにも休息のときが訪れます。



ebibri2020_5747.jpg
 シャコタン車もポッチのビーチの上でくつろいでいる姿が映えます。

ebibri2020_5748.jpg
 Sakuraiさんのコーラルだけで組んだトラックはかなりのインパクトです。パーツ種類はまだかなり少ないですが、ラウンドタイルでフェンダーにしたりと、工夫を入れてしっかりと車の形に仕上げています。

ebibri2020_5749.jpg
 広い海エリアにはクルーザーを配置しました。船はレゴシティの製品版をそのまま置いています。リゾートな雰囲気になりました。

ebibri2020_5750.jpg
 ビーチにバハのようなオフロードレーサーが集まりました。手前2台はSakuraiさんのバハトラックです。赤と黒のトラックは、最澄さんデザインの4WLCキットのインディゴランナーを色替えで組んだものです。どれも公式シールの切り抜きでデコレーションされています。

ebibri2020_5751.jpg
 こちら側の4台は2日目から参加のだくさんのオフロードレーサーです。されざれ異なったアプローチからのビルドが試みられています。

ebibri2020_5752.jpg
 こちらもだくさんのレーサーたちです。トヨタヤリスWRCに、フェラーリ、青はオリジナルのレーサー、そしてトヨタTS050です。こちらもスピードチャンピオンズを中心にシールが転用され、レースの雰囲気がよく出ています。

ebibri2020_5754.jpg
 トヨタヤリスWRCは派手なエアロ形状と複雑なカラーリングが上手く再現されています。他のマシンに比べてホイールベースが短く、コンパクトな雰囲気で差別化されています。ホイールはスピチャンのディスクのみを使用しています。

ebibri2020_5758.jpg
 ルマンレーサーのコンテストにエントリーされただくさんのトヨタTS050です。5幅のボディで精密なビルド、そしてシールの使用で超高密度なビルドとなっています。さらに中にはミニフィグも乗せられています。

ebibri2020_5770.jpg
 最澄さんは自宅の車が最新のマツダ3に買い替えられたということで、その車を4幅で製作してきました。だくさん製作の赤いマツダ3とコラボとなりました。シティフェンダーを使った基本スタイルは共通していますが、ルーフやフード、そしてフロントマスクなどにそれぞれの表現の違いが見られます。一番後ろはだくさんのマツダCX-5です。

ebibri2020_5781.jpg
 だくさんのトヨタハイラックスのラリー仕様も高密度で素晴らしい雰囲気です。フラッグを使ったアンダーガードが良いアイディアですね。黄色のサスペンションが覗いているのも効いています。

ebibri2020_5785.jpg
 こちらもだくさんで、現代風のSUVパトカーです。というより本格的なオフロードカーになっています。よくあるパンダカラーですが、色の塗り分けが斜めに入っており、カラーリングとしてもアグレッシブな現代風です。

ebibri2020_5788.jpg
 こちらはドリフト車のコンテストでだくさんがエントリーしたホンダS2000です。シャコタン系カスタムとしては、ホイールとその中のブレーキなどの造形の細かさが新しいですね。車高はべったり落ちていて走りよりも見た目重視のようです。

ebibri2020_6071.jpg
 konekoさんの出光カラーシビックはレーシングカーですが、ストリートに下りると環状族に早変わりします。同じくシビックのパトカーに止められている様子でした。

ebibri2020_6072.jpg
 ボンネットから竹やりを出した街道レーサーは私の新作です。シェルのシールをライト代わりに貼っています。隣は最澄さんのシンプルなハコスカです。ミニクーパーのオーバーフェンダーは、今のところ1セットしかリリースされていない貴重なパーツとなっています。どちらもオイルクーラーのホースを出した暴走族仕様でした。

ebibri2020_6074.jpg
 私のボム2台は最初にピンクを作ってから、その後にもっとボムらしいパンダカラーで作り直しました。サイドに出したスワンプクーラーがポイントです。

ebibri2020_6075.jpg
 だくさんが以前乗っていたDC5インテグラの4幅再現モデルです。今の4幅車界隈では希少ともいえるストック重視のシンプルな見た目のスポーツカーです。シティフェンダーとスピチャンディスクの組み合わせで、高密度な足元になっています。

ebibri2020_6076.jpg
 2台のランボルギーニ挟まれ、ほげさんのアヴェンタドールが鎮座します。フィグなしですが、いつも通りの高密度で複雑なラインのミニカーになっています。

ebibri2020_6078.jpg
 keiさんの初の4幅車挑戦モデル、ホンダフィットです。スロープなどを使った尖ったラインのフロント周りはすでにかなり高いレベルにあります。鬼キャンシャコタンにすることをしっかりおすすめしておきました。

ebibri2020_6080.jpg
 渋谷さんのスリーホイールは使っているキャノピーからして4幅車として独特です。前輪はミニフィグ用トライクの前輪を外して使っています。

ebibri2020_6081.jpg
 ほげさんの新作のベンツCLAです。流れるようなクーペのラインを、レゴパーツの組み合わせでそのままトレースしたようなモデルで、他の4幅車とは一線を画してます。クリアパーツを当てはめたウィンドウの作り方も独特です。

ebibri2020_6082.jpg
 渋谷さんのトレーラーに車が乗りました。オーバーハングにキャブが乗っているのは有名なメルセデスベンツのトランスポーターを参考にしているのでしょうか。

ebibri2020_6083.jpg
 Sakuraiさんが推している、タイニーターボのフィグ乗り化作品です。奥から8656 F6 Truck、8642 Monster Crusher、8643+8644の合体モデルが元となっています。どれもタイニーターボ登場の2005年モデルです。

ebibri2020_6084.jpg
 だくさんのモダンマッスルのマスタングとカマロです。フロントフェイスの造形の違いでそれぞれの車種が分かりますね。

ebibri2020_6085.jpg
 すでに動画で公開していた私の痛車3台です。それぞれ異なったイラスト、そして異なったスタイルの改造となっています。今回は他の人と痛車併せは叶いませんでしたが、すでに新しい痛車への意欲が湧いています。

ebibri2020_6088.jpg
 ホテルのプールサイドは車両展示の一等地です。spektrobilerのシャコタンワゴンの他に、私のシャコタン車が並びます。左奥の近未来VIPカーは、ブリックヘッズのカイロ・レンのプリントをヘッドライトにしてみました。

ebibri2020_6089.jpg
 あいさわさんのルマンレーサーコンテストのエントリーであるポルシェ935も一時会場に並びました。真っ当なフィグ乗りで本格的なレーサーを作ったものとして貴重な1台でした。隣はおなじくあいさわさんのシルビアで、ご本人もS15に乗るシルビアオーナーです。

ebibri2020_6122.jpg
 Sakuraiさんの変わり種ショーロッドは、バスタブと、後ろは棺桶ホットロッドです。棺桶はシンプルな造形ですが、墓石風のフロントグリルなど角の取れた造形がツボを押さえています。

ebibri2020_6133.jpg
 Sakuraiさんのバンはフィグ乗りなだけではなく、内装も作り込んだハイクオリティな1台です。中にはペットまで乗っていました。

ebibri2020_6143.jpg
 ライトイエローで3台集めてのショットです。左が私のホットロッドで、真ん中のCキャブホットロッドと右のバンがSakuraiさんです。クリエイターエキスパートのフィアット500が出たので、ライトイエローのパーツが一気に潤いました。

ebibri2020_6190.jpg
 イベントも残り1時間ほどとなり、最後にやりたかったプリパラのPVを流しました。ヨンハバにはあまり関係なさそうですが、Minifig Ridesの初期のころからプリパラを参考にしてショーを作ってきたところが実はたくさんあります。昔使っていたディスコトラックもプリパラのアニメを見たから思いついたものです。サイリウムで色鮮やかなイメージも今回のレインボーにつながっています。



 さて全4回からなるレポートもこれで終了です。コロナで散々な2020年ですが、間違いなく今年最高のイベントとなりました。主催のPen2ndさんには、このような場を開いていただきありがとうございました。そして参加してもらったヨンダブメンバーのみんなも2日間ありがとうございました。今年もまだイベントがありますので、2020年残りもよろしくおねがいします。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1469-e698cc77