Nostalgia Highboy:ホットロッドの原点スタイル - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Nostalgia Highboy:ホットロッドの原点スタイル

nostalgiahighboy_1.jpg

Builder: ナタデココ

 ホットロッドの中でも新しいや古いという概念は存在します。特に古いスタイルはノスタルジアと呼びます。



 4幅ホットロッドはオーソドックスなスタイルが一番難しいものです。レゴ公式でリリースされている「ホットロッド」もイマイチ何か違うという印象で、私たちが強度を度外視にして作ってもやっぱりこうじゃないんだよなという感触があったりします。レゴという素材で格好いいホットロッドを作るには、高度なビルドセンスが必要なのです。ツイッターで発表されてから、とても衝撃的だったこのクーペは、ノスタルジアでオーソドックスなハイボーイクーペそのものです。4幅でホットロッドを作るならこれをお手本にしてほしいと、そういえる車がまた出てきましたね。

nostalgiahighboy_2.jpg

 渋いダークグリーンがこの車のレトロな雰囲気によく似合います。この車はこれまでの4幅ホットロッドの集大成であり、最も原点のスタイルに帰結した車です。ベースのボディは定番のクーペで、モデルTとモデルAの中間のようなルーフやトランクの形です。ボディラインの作り方は彼らしい繊細なものです。ボディサイドはカーブスロープなどで下に絞り込み、ボンネットのラインやルーフのラインもカーブで丸められ、しっかりとピラーを立てつつも全体的にやわらかなプロポーションです。ノスタルジアならフェンダーは外す以外の選択肢はありません。リア軸がしっかりと高いハイボーイスタイルです。エンジンカウルも取り払って、V型のエンジンが造形されています。このエンジンも目立つ補器類は取り付けずに、丸いエアクリーナーのみ控えめに載せられています。注目してほしいポイントはエンジン位置が、エンジンベイに対してかなり低い位置にマウントされているということです。フラットヘッドエンジンを載せた本当にトラディショナルなホットロッドなら、エンジンはかなり背が低くなります。派手なエンジンスワップが当たり前になった80年代スタイルとはエンジンも全く異なるわけです。フロントは2x2ワイド車軸をあえて縦にして、フロントグリルの黒いタイルを取り付けています。ヘッドライトは手錠パーツでクリアのラウンドプレートを保持する組み方です。車軸を縦にしたことでフロントに空間が生まれ、タイヤの間にライトを配置可能になっています。ヘッドライト位置はホットロッドの顔の格好良さを決める重要な要素です。ライトがあまり前に出すぎると不細工なので、この配置は非常に上手いやり方です。

nostalgiahighboy_3.jpg

 キャビンは4幅で、リアトランクは3幅です。ボディサイドも絞られていることで見た目の印象的にはかなりコンパクトです。さすがに車内はそれなりの狭さで、ハンドル無しの上に両手ハングアップの状態でドライバーが乗っています。渋いボディに合わせるタイヤもまた渋い組み合わせです。ホイールは穴あきの1x1ラウンドプレート、それもタイヤと同化する黒が選ばれています。タイヤは内側にナロータイヤを入れ、外側にはそれぞれ異なるタイヤを引っ張りで履かせています。ナロータイヤの側面の溝がかなりよい雰囲気で、外側のタイヤもトレッドが細かいタイプなので、見た目のリアリティと密度感がかなり高まっています。車軸にグレーをチョイスしているので、ホイールの真ん中にハブが見えて真っ黒な足元が引き締まります。

nostalgiahighboy_4.jpg

 床面は普通にプレートですが、なかなか一筋縄ではいかなかったらしき裏側です。ボディサイドの横組みも、ドア部分とボンネット部分では取り付け方のブラケットの使い方が違うようですね。エンジン下の青いパーツはV字バンクを作り出しているヒンジベースの色です。エンジン位置を極限まで下げようとしているのが見て取れますね。フロントとリアの車軸はトレッド幅がかなり違いますね。実際には前後でこんなにトレッドが変わることはないですが、4幅車でホットロッドを作る上では仕方のないポイントでしょう。リアに合わせてフロントの幅のも広げてしまうと、車全体が大きく見えてしまいます。裏返してみなければそんなに気になることはありません。テールの一部分は錆が出ているようです。
 これまでたくさんのホットロッドが作られてきましたが、全く異なる雰囲気の車がまた出てきました。このサイズのホットロッドも非常に奥深い世界です。すべてはクールなホットロッドを生み出すため、進化は常に続いていきます。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1482-af5c8eba