Neon Smokers:ミライトでホットなスポコンナイト - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Neon Smokers:ミライトでホットなスポコンナイト

neonsmokers_1.jpg

Neon Smokers (Nitro Booster & X Treme Fast)

 4幅車を光らせましょう。最高のビルドに鮮やかなLEDの光で、あなたの車もショーで最高の輝きを得ます。



 ワイスピ大好き少年なら誰もが憧れるパーツ、それがアンダーネオンです。車のシャーシから地面を照らすアイディアは衝撃を受けました。私が4幅車でストリートシーンを作り上げるにあたり、昔からやりたかったのがこのアンダーネオンです。光の演出はレゴを何倍にもクールに見せてくれます。しかし大型建築のような作品ならいざ知らず、4幅車を光らせるには色々な困難がつきまといます。4幅車にも埋め込めるくらい小さなLEDライトが必要であること、そして大きな電池を必要としないことです。それらの課題を解決する製品が日本にありました。釣りの餌に使うミライトという小さなLEDライトです。4幅車界隈ではヘッドライトに使う例がすでにありましたが、これを使って私がやりたかったことを実現してみることにしました。

neonsmokers_2.jpg

 スポコンが光る!長年の夢が叶った瞬間です。車の周囲をぐるっと囲むことはできませんでしたが、フロントバンパーの中を光らせることができました。使ったのは緑色のミライト2個です。明るさも、あやしげな雰囲気も申し分ありません。フロントが光るだけという割り切りですが、見た目のインパクトはなかなか大きいと思いませんか? 4幅車にライトを仕込む際には、小さな球であっても電池ボックスにスペースが割かれたりして、ボディスタイルに妥協しなければなりませんでした。こうした低い車を光らせることは今までできなかったのです。しかし今回はオープンでフィグが乗れ、ビルドも完璧に仕上がった状態でライトのインストールまですることができました。

neonsmokers_5.jpg

 最近作っているスポコンの流れで、黒をベースにライムと赤を挿し色に製作しました。純正シールも色に合わせてあります。定番のニトロボンベもリアに載せています。サイドエアロはタイニーターボを思い起こすようなアグレッシブな形状をあえて取り入れました。性能よりも見た目重視です。車のカラーリングに合わせて、ホイールは黒ペイントがされた赤いメッシュホイールを採用しました。今やレアなホイールで、ブリックリンク経由で1台分だけ仕入れていたものですが、この車にピッタリでした。

neonsmokers_3.jpg

 もう1台には青色のミライトを同じようにバンパー内に埋め込みました。こちらもエンジンベイなどフロントの作り込みを普通の作品と同レベルに仕上げた上でライトを埋め込んでいます。ボディカラーは青でライトとコーディネートしました。青いミライトも十分明るいですが、緑に比べるとやや光が弱い感じがします。

neonsmokers_6.jpg

 すでに作った車のほぼ色違いのような車なので、それほど語るべきところはありません。青をベースに、白と黄色でコーディネートし、派手なカラフルさを意識しました。こちらは黄色のニトロボンベを載せ、間にメーターのプリントタイルを配置してハイパフォーマンスな演出をしています。もちろん見た目が一番大切です。

neonsmokers_4.jpg

 部屋を暗くしてナイトタイムでの撮影は最高にエキサイティングです。Hot Minifig Ridesのプリゲームみたいに、部屋を暗くするタイミングはオフ会でよくありますから、ミライトはそんなときに高い効果を発揮します。

neonsmokers_8.jpg

 ミライトの取り付け方です。ホイールを普通の車軸で取り付けてしまうとスペースがなくなってしまうので、クリップで鬼キャンにする必要があります。ミライトはレゴのバー規格よりも少し細いくらいで、感覚的に2Lバー(存在しないですが)くらいのサイズ感です。ハーフペグやポッチに穴が開いてるパーツの中を通して、バンパーの内側に埋め込みました。

neonsmokers_9.jpg

 こちらの車もミライトの埋め込み方は基本的に同じです。フロントフェイスはユニット化され、かつかなり弱めの結合なので、組み付けに少し隙間ができてしまいますが、形になっているだけ100倍はマシです。ライトの先端部分はクリアのラウンドプレートが入っており、バンパーの下にも光が漏れるようにしています。

neonsmokers_7.jpg

 今回はレゴ以外を使ったイリーガルビルドの紹介でしたが、レゴピュアリストでもこの見た目には刺激を受けたのではないでしょうか。見た目的にはミライトは完全に隠れてしまうので、自分の車を飾るプラスアルファのテクとして採用するのは大いにありだと思います。


 今回使ったのはミライトの316Gと316Bです。ミライトには長さの種類があるので、4幅車に使うには一番小さい316シリーズがよいでしょう。それと白色ライトとなるのが316Wです。この3種類は連続使用時間が30時間なので、イベント展示も複数回こなせるコスパの良い製品です。光の強さは緑>青>白の順番なので、とりあえずカスタムに試したい人は緑が特にお勧めです。アンダーネオンも定番の色は緑ですね。


 同じ製品で赤と黄色もありますが、こちらは連続使用時間が7時間と短めになってしまいます。赤を使ってみましたが、イベント展示だとその日の終わりの時間にはかなり弱い光になってしまい、コスパ的にはあまりよくありません。黄色はかなり弱めな光なので、どうしても赤を使いたいという場合以外はあまりお勧めしません。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1484-77acde8c