RCレース:Minifig Rides NEW VISION - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

RCレース:Minifig Rides NEW VISION

newvision2020rcrace_1.jpg


 12月6日の群馬レゴオフMinifig Rides NEW VISIONで行われたRCレースについてレポートします。



 2020年は5月のHot Minifig Ridesが開催できなかったので、その代わりに開いたのが今回のオフ会です。特にアワードなども決めない緩いイベントにしましたが、次回HMRの事前練習としてドラッグレースなどの各競技をお試しでやることにしました。今回紹介するRCレースは、今回が初となる試みです。今まではドリフトパッケージナノという小さなラジドリを使ったドリフトバトルをやっていましたが、ベースとなる製品がとっくに販売終了し入手困難となってきたため、ドリフトバトルは廃止とすることにしました。代わりに今回導入したのはギガストリームという小型RCカーです。これを使って前からやりたいと思っていたサーキットレースを実現しました。
 ギガストリームを使ったマシンの作り方については、過去の記事に紹介しているため、そちらを参照してください。


newvision2020rcrace_6875.jpg
 新型のレースウェイは、RCレースのコースを中心に、ドラッグストリップと、モンスタートラック用のダートも併設されています。レースコースにはあえてダートゾーンも取り入れています。

 ちなみ今回はまだマシンが集まらないことを予想し、旧ドリパケナノのクラスと新ギガストリームのクラスを募集しました。レースは予選のタイムアタックから行われます。予選タイムで速いマシンから本レースのポールポジションとなります。周回管理のしやすさを考えて、本レースは3周でゴールとしました。以下が予選のタイム結果となります。


予選タイム:
【ドリパケナノ・クラス】
 最澄:20.67 sec
 ナタデココ:34.31 sec
【ギガストリーム・クラス】
 ユーリ:49.59 sec
 えもりん:クラッシュ
 ぽん太:クラッシュ


 結局ドリパケナノはほとんど集まらなかったので、2台のエントリーとなりました。予選タイムを見てもらうと分かる通り、従来のドリパケナノの方が好成績です。直線スピードは小型なギガストリームの方がむしろ速いくらいなのですが、タイムアタックでは操縦性の良し悪しが結果に表れたようです。通常のRCカーと操縦性が同じとなるドリパケナノはやっぱり走りやすいです。ギガストリームは通常とステアの仕組みが違うので、コースに沿って走ること自体が難しく感じました。実際予選も散々な結果で、3台中2台はゴールに到達する前にクラッシュで走行不能となり、タイム計測不能となりました。ちなみにレゴのボディが外れてRCカーのシャーシだけになった場合も、クラッシュ扱いとなります。
 しかし予選はまだ序の口で、本戦はもっとひどいことになりました。新しいRCレース企画は果たして今後上手くレースになってくれるのでしょうか。

ドリパケナノ・クラス

newvision2020rcrace_7432.jpg
 ドリパケナノクラスのスタートポジションです。ポールは最澄さんで、2番手は私のマシンを借りたナタデココさんがドライバーです。

newvision2020rcrace_7435_3.jpg
 右から左に遷移します。これはスタート直後のスクランブルです。交差点プレートを敷き詰めたエリアは広いですが、ポッチがむき出しの島が点在し、マシンを邪魔します。オレンジのナタデココさんが最澄さんを避けてドリフトしたところ、ポッチの島に横から当たりボディがポロっと外れてしましました。マシンがシャーシのみとなったためナタデココさんはリタイアとなり、開幕から最澄さんだけの一人レースとなりました。最澄さんが無事に3周を走り切り、レースは1位のみを決して終了しました。

ギガストリーム・クラス

newvision2020rcrace_7114.jpg
 私が作ったマシンですが、ユーリさんにドライバーになってもらってレース参戦しました。

newvision2020rcrace_7115.jpg
 ぽん太さんのマシンはやっぱりラリー風です。しかもミニフィグの頭も中に乗っていて凝っていますね。

newvision2020rcrace_6865.jpg
 4幅基本のボディは、シャーシの突起にクリッププレートを取り付けての接続です。シャーシの突起が左右非対称なので、それを避けるためにボディも左右で形が違います。

newvision2020rcrace_7113.jpg
 こちらはえもりんさんのマシンです。公式の4幅車をベースに、ギガストリームのシャーシに載せたものとなっています。ボディは輪ゴムで止めているようです。

newvision2020rcrace_7437.jpg
 こちらがスタートグリッドです。唯一予選走行を完走したユーリさんがポールとなりました。予選クラッシュの2台は、クラッシュ地点のゴールまでの近さで順位付けしています。さて、全く新しい規格でのレースがスタートします。

newvision2020rcrace_7439_1.jpg
 スタート直後のスクランブルです。呆れたことに2台が正面の壁に勢いよく激突して早くもリタイヤしてしまいました。またしても1台レースで残り3周を走る展開になりました。しかしレースは何が起こるか分かりません。

newvision2020rcrace_7439_2.jpg
 1位のえもりんさんが最終ラップでダート(ポッチ)に乗り上げてスタックしてしまいました。前後に激しくタイヤを回してみるも脱出できず、リタイヤとなりました。というわけで最初のレースは全員リタイヤとなり、仕切り直しにしました。

newvision2020rcrace_7440_1.jpg
 同じグリッドから再スタートを切った2回目のレースです。今回は全員が無事にスタート直後の混乱を切り抜けました。レースは赤いマシンのえもりんさんが大幅にリードしました。2番手争いをしていたぽん太さんは、ユーリさんと絡んで壁に激突してボディが外れてしまいました。これでぽん太さんはまたも1周目でリタイヤになりました。

newvision2020rcrace_7440_2.jpg
 1位のえもりんさんは2位のユーリさんに1周近い大差を付けて最終ラップにはいりました。追いつかれたユーリさんは周回遅れになるまいと、コース上で高速回転を始めて立ちはだかります。この後はえもりんさんをクラッシュさせるために猛攻撃が始まります。

newvision2020rcrace_7440_3.jpg
 ユーリさんの猛攻撃を回避し、今度は無事にえもりんさんがゴールラインを通過しました。

その他のマシンたち

newvision2020rcrace_7157.jpg
 こちらはPen2ndさんが持ち込んで子供たちと遊んでいた、toioにレゴを組み合わせたものです。toioは公式でレゴブロックとの組み合わせを推奨しています。真ん中の四角い箱自体が動くので、車っぽい形をしていますがタイヤはダミーで付いているだけです。

newvision2020rcrace_6855.jpg
 ほげさんのレゴパワーファンクションを使ったRCトラックもコースを走りました。これは動力も含めてすべてレゴパーツだけでできています。電池ボックスやモーターを搭載する都合で全長が長くなりますが、意外とヘアピンカーブも曲がりきることができました。

newvision2020rcrace_7441_1.jpg
 最後はクラス混合のレースをやってみました。ほげさんのトラックも含めて6台のマシンが一斉に走る姿はなかなか面白かったです。これまでのレースのカオスを考え、どうせめちゃくちゃになるだろうということで1周のみのレースとしました。

newvision2020rcrace_7441_2.jpg
 そして今回もひどい状況となりました。ユーリさんがほげさんのトラックと絡んでクラッシュし、ほげさんもその後のコーナーで操舵部分のパーツが外れて走行不能になりました。遅れていたぽん太さんはトラックに道を塞がれたために強制リタイヤとなりました。半数が序盤でリタイヤとなる予想通りの展開でした。


本戦リザルト:
【ドリパケナノ・クラス】
 1位:最澄
 リタイヤ:ナタデココ
【ギガストリーム・クラス】
 1位:えもりん
 2位:ユーリ
 リタイヤ:ぽん太
【混合クラス】
 1位:最澄
 2位:ナタデココ
 3位:えもりん
 リタイヤ:ぽん太
 リタイヤ:ほげ
 リタイヤ:ユーリ


 爆笑の渦となって無事終了したRCレースでした。台数はまだ少なめでしたが、かなり盛り上がったと思います。やる前は3周レースだと短すぎて物足りないかと思っていたのですが、実際にやってみるとデスレースと化して次々とリタイヤするので、3周でも十分なボリュームだと感じました。今回はお試しということで、ドリパケナノクラスとギガストリームクラスを用意しましたが、5月のHMRではギガストリームクラスとレゴ純正クラスの2種類となります。ぜひマシンを用意して参加してください。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1509-59a582ad