Gorgeous Panda:パンダカラーのゴージャスボム - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Gorgeous Panda:パンダカラーのゴージャスボム

gorgeouspanda_1.jpg

Gorgeous Panda

 ローライダーボムのリベンジです。今度はカルチャーの中でも定番のカラーリングに挑戦しました。



 ローライダーとホットロッドはルーツを辿っても別々のカルチャーですが、今や両者は様々な場面でミックスされています。ホットロッドでいうレッドスレッドやKUSTOMにはローライダー的なドレスアップが欠かせません。ボムがそれらのホットロッドと決定的に違うところは、ボディにメスを入れる改造を施さないということでしょう。ボディの改造で定番のチョップトップはボムではやりません。なので、レゴでローライダーボムを作るときはルーフを低くしすぎてはいけないのです。というわけで前回はピンク色のPeach Bombを作ったわけですが、今度はもっとオーソドックスなボムのイメージに近づけようと思いこのGorgeous Pandaを作りました。その名の通り、フェンダーの色を変えるというパンダカラーリングを取り入れてみました。

gorgeouspanda_2.jpg

 組み方は前回をほぼ踏襲していますが、今回は赤と黒というパーツが豊富な色なので、いろいろとフォルムの改善もできました。まずカーブスロープにバリエーションがあるので、ボンネットやルーフに、場所に合わせた異なるサイズのスロープを使うことができました。またボディの前後が分断寸前だった強度も問題なく持てるようになりました。またパーツ種類が増えた恩恵として、ウィンドシールド上のバイザーを、1x4タイルからスポイラーパーツに変更しました。バイザーにリアリティのある丸みを付けることができました。カラーリングはルーフとフェンダーを黒に塗り分けします。実際にフリートラインやフリートマスターのローライダーではこの塗り分けがされていることが多いです。そもそも純正として存在した塗り分け方のようですね。あとは実車と同じようにカスタムペイントを施せればよかったのですが、さすがにそこまでは表現しきれませんでした。

gorgeouspanda_3.jpg

 カーブスロープの種類が増えたので、ルーフラインは前回よりもきれいにできました。ボディのウェストラインもフロントフードからテールに向かってひとつながりに見えるように構築できました。ボムの場合は見た目の情報量を多くしたいので、サイドミラーもしっかり取り付けています。そしてサイドウィンドウに付けたスワンプクーラーも欠かせません。

gorgeouspanda_4.jpg

 足元の構造も基本的に同じです。リア軸は固定して、フロントだけ上下に動かせます。ナロータイヤと組み合わせるホイールは、穴あきラウンドプレートが良いです。4スポークの8mmホイールはデザインが現代的なので似合いません。

gorgeouspanda_5.jpg

 フェンダーのタイルなどを一部外してみました。見た目重視なので、タイヤはハウスの天井に干渉してほぼ回りません。フェンダーの装飾となるグリルタイルは隙間から下の色が見えるので、しっかり黒パーツの上に取り付けるようにします。

gorgeouspanda_6.jpg

 こうして2台のボムが作られ、イベントで並ぶことになりました。2台の車の微妙なフォルムの違いが分かるでしょうか。やっぱり同じジャンルで並べると雰囲気が出ますね。さらに他の人の車とも併せられたら楽しくなりそうです。ゴージャスなローライダーボムにあなたもチャレンジしてみてください。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1518-92b38ccd