Metallik Disk:近未来VIPセダン - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Metallik Disk:近未来VIPセダン

metallikdisk_1.jpg

Metallik Disk

 一つのアイディアが車を格好良く変身させます。ただの白いセダンを近未来VIPにモディファイします。



 ツイッターでqubouさんがこのパーツをホイールにしていたのをみて、私も同じアイディアで車を作ってみることにしました。出所は21108 Ghostbusters Ecto-1のホイールとして使われたものです。元々はミニフィグのバーベルとして登場したものですが、メタリックシルバーはECTO-1にしか入っていないパーツです。ホイールとして使えないかと思って長い間パーツボックスに入れっぱなしになっていました。それをこの度に見かけた、スリックタイヤを履かせる形での活用法を試してみることにしたのです。シルバーのディスク型のホイールは近未来的なイメージに似合うと思い、近未来VIPセダンの案を思いつきました。ホイールだけではなく、他の部分でも普通の車とは違う手法を取ってみました。

metallikdisk_2.jpg

 ディスクのホイールはあえてフロントのみに使用し、リアは普通の11mmワイドにしました。ボディはシティフェンダーを基本にしたオーソドックスなスタイルです。前後に風防を配置し、ルーフも屋根パーツ、ボンネットもよくあるパーツチョイスです。私は車のシェルそのものについては普通の組み方をするのが好きなので、あとは細部のモディファイで車のイメージを変えます。今回試してみたかったのが、フロントに使ったプリントのカーブスロープです。これはブリックヘッズのカイロ・レンの顔を使いました。シルバーのラインがルーバー風に入ったプリントで、フロントフェイスを未来的に見せる試みです。なかなか良い顔つきになったと思います。顔面の力強さに対して再度が少し寂しかったので、こちらにはシールを貼ることにしました。テクニックシリーズから鏡面のシールを見つけ、使いたい部分の模様だけを切り抜きました。レトロフューチャーな雰囲気が出せたと思います。

metallikdisk_3.jpg

 テールライトも地味ですが、こちらもプリントを配置しています。こちらはカイロ・レンとセットで付いているシストルーパーの顔を使いました。黒いカーブスロープに赤いプリントが付いています。内装もこだわっており、カーナビ風のシールをダッシュボードに使いました。またシートの背もたれも作ってあります。窓が広い車なので、内側もしっかり作り込みたいですね。

metallikdisk_4.jpg

 ベッタリ床に着地するセッティングです。リアはいつも通りに上下反転したクリップでホイールを固定しています。フロントはホイールのポッチが内側に向いているので、1x1上クリップでキャンバー角を付けます。どちらもタイヤは回りません。
 今回はオーソドックスな4幅車の組み方で、近未来VIPを上手く組めました。創作としてのレゴビルドをする上で大切なのは、「自由でいい」ということと、もう一つ「普通でもいい」ということです。車を格好良くするためには、普通の手も使いましょう。それが本当に自由なビルドというものです。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1526-48c825f5