Light and Shadow:光と影のストリートスタイル - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Light and Shadow:光と影のストリートスタイル

lightandshadow_1.jpg

Nissan 180SX / fast_and_lego

 今回は当ブログで初めて紹介するビルダーです。写真も彼に送ってもらったものです。



 国内外の4幅車シーンでメジャーな180SXは、特に海外のJDMファンに人気があります。今回の彼もイタリアのビルダーです。私たちの世界では非常によくあるタイプのワンエイティです。つい最近も似たような車を紹介しています。当然彼は他のビルダーの車を参考にして作っているのでしょう。しかし彼が思う格好いいスタイルを作ったわけですから、これも立派な彼の創作には違いありません。それにこの車は非常にシンプルで格好いいです。4幅車ビルドで得られる満足感とは、自分が欲しい車を持つことができるということで、独創性が必要というわけではありません。4幅車で何がやりたいのか、彼のビルドからはそれがはっきりと見えてきます。

lightandshadow_2.jpg

 彼の他のポストを見た感じだと、若くしてパーツの保有量はそこそこありそうに見受けられました。この車もきっちり赤パーツだけでまとめられています。よく見るとプレートの角に多数のダメージが見受けられ、まだまだ遊び盛りな雰囲気も伝わってきます。しかしビルドの方は、日本の4幅車ビルド最前線をしっかり学び取ったスタイルです。低いボディスタイルはセオリー通り、5スポークは片側車軸を使ってキャンバー角を付けられています。また裏面の写真はありませんが、ミニフィグの座高の低さからしてハラキリもされているはずです。傾斜したフロントノーズの先端には、1x1タイルはゆるハメで取り付けられ、半開きのリトラクタブルライトを再現します。これも他のビルダーからのテクを取り入れている箇所ですね。フロントバンパーにはナンバープレートがあり、1x2タイルがプレートの裏面に差し込まれているのが良い工夫です。

lightandshadow_3.jpg

 赤いボディに黒いホイールがばっちりはまっていますね。テールライトもワンエイティ風に見せる定番の組み方で、小さめなスポイラーもシンプルです。レールプレートではりだしたバンパーの下には、双眼鏡のマフラーがやや斜めに飛び出しており、サイズ的にもリアリティがあり厳つさもでる組み方です。最近はリアバンパーレスでワイル出に見せるのも流行っていますが、シンプルクリーンなストリートカーという雰囲気です。決して派手な車ではないですが、彼の目指したい方向性というか、あくまでもこういう車が理想というのが伝わってくるようです。
 誰かが作ったものを真似できるというのも、立派なスキルです。レゴ初心者だったら、このように小さな作品でもインストなしで作ることは不可能でしょう。そして微妙な匙加減で車をクールに見せるのは、ビルダーのセンスでしかありません。先人が作り上げたものを継承しましょう。それがカーカスタムというものです。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1529-0531fbf7