Lifted Crew:バチバチなクルーキャブはハイリフトが決め手 - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Lifted Crew:バチバチなクルーキャブはハイリフトが決め手

liftedcrew_1.jpg

Builder: ナタデココ

 トラックを上げましょう!大きなホイールで高い車高、どんなトラックにせよ間違いのないスタイルです。



 ピックアップトラックは単純なようでいて、奥深い世界です。シングルキャブがあればダブルキャブがあり、ショートボディやロングボディ、デューリーなど、様々なバリエーションごとに異なったテイストを楽しむことができます。ハイリフトはトラックジャンルの定番のカスタムです。上げるならいっそのこと大きいボディの方が迫力がありますね。大きなリムに乗せているのは最近のボディが多い印象ですが、80年代のトラックをベースにしてもバッチリ決まります。

liftedcrew_2.jpg

 緑と白のカラーリングが昔ながらのピックアップらしい雰囲気です。しかしこれはただのノスタルジーなトラックではありません。18mm径の大径ホイールでがつんと車高を上げたスタイルはまさに現代のハイリフトです。スクエアでクラシックなボディは普段の彼の得意な造形ですん。シンプルですが、フロントグリルの表現など雰囲気をよく捉えています。フェンダーはショートシティフェンダーでタイヤに合わせて拡大され、リア側はさらに幅広になっています。前後でタイヤサイズも変えて、リアの方が厳つく見えるようなセッティングになっていることに注目です。車高もやや前傾になっているようで、こういった細かい調整でプロポーションに勢いが出て格好良く見えますね。キャブはミニフィグが2人乗るダブルキャブになっています。ハンドルも省略してぎりぎりのスペースに2人押し込んでいるようです。

liftedcrew_3.jpg

 後ろからのショットでは前傾具合がよく分かります。車軸やアームの造形もしっかり見える部分として造形されています。使われているのが古いアンテナパーツなのが意外な選定です。4Lバーよりもさらに長くて使いづらい印象のあるパーツですが、上手くシャーシ裏に取り込んでいます。ポッチと接続できる形状を活かしているんですね。リアフェンダーはジャンパープレートで半プレート外側に飛び出させ、ポチスロでボディの膨らみを作ります。ホイールにはスピードチャンピオンズのディスクはあえて入れずに、深いリム造形を活かしたものになっています。

liftedcrew_4.jpg

 がっしりとした足元はトレッド幅4ポッチがセオリーです。軸はホイールに合わせてテクニックシャフトが前後ともに通っています。両サイドのアームはシャーシのヒンジで斜めに取り付けられており、その先端は実際に足回りを支えています。
 またしても超クールなハイリフトトラックが4幅車界隈に生まれました。普段はかなりコンパクトにボディをまとめる彼のテイストで、この迫力のあるボディサイズがバッチリ決まっています。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1544-8829601a