The Last Killer:最後の痛車はトラックレーサー - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

The Last Killer:最後の痛車はトラックレーサー

lastkiller_1.jpg

The Last Killer

 3台同時に製作した痛車シリーズ、最後の1台です。



 3台作る痛車は、それぞれ異なるスタイルで作ることにしました。今回の車にはキャンバー角をつけません。垂直なタイヤで、トラックレーサー風にしてみました。シャコタン系の車はほとんど鬼キャンにしてきたので、少し新鮮な気分です。今回の痛車要素は前2台に比べると少し控えめです。10年くらい前ならコテコテのフルラッピング痛車がもてはやされましたが、最近はそれとは別に部分的なステッカーのみでファッション性を重視する方向性もかなり大きな勢力になってきました。選んだキャラは「悪魔のリドル」から主人公の2人です。これも知名度よりも私の好みを反映しました。殺し屋が集められた高校という設定のマンガで、車の名前もそれにちなんでいます。

lastkiller_2.jpg

 レーシングカーというよりはタイムアタックカーをイメージしました。ポイントはダウンフォースを稼ぐための容赦ないエアロ造形です。今回はワイドフェンダーに前後とも三角タイルを配置し、前に向かってエッジが飛び出たアグレッシブな形にしてみました。フロントはスポイラーも尖らせ、車全体がウィングのように見えるようにしました。後付けフェンダーは黒にして、ホイールも黒のメッシュに合わせました。黒いホイールは目立ちませんが、硬派なイメージになるので今回はあえて選んでみました。フロントフードには定番ですが見た目のバランス的にエアベントを設けました。トラックレーサーですが、車高はガッツリ下げます。

lastkiller_3.jpg

 フロントタイヤの後ろ側はフェンダーを内側に切り込みます。フェンダーの中の空気をスムーズに外に逃がすためのエアロです。後ろから見るとタイヤが露出して見えるのでセクシーになります。フェンダーに寄せたシールもエアロ形状に合わせて切れ込みを入れているのがポイントです。ラッピングを立体的にしているのが、他の2台にはないこの車のアピールポイントです。リアにはボディからステーを伸ばしたウィングを付けて、マフラーも省略せずに取り付けました。パフォーマンスを主張する車なら、特にマフラーはしっかり付けておきたいところです。

lastkiller_5.jpg

 裏面です。ハラキリしてミニフィグをちょうどいい位置に搭乗させます。車軸は2x2ワイドで、青いハーフペグで上下反転し、車高が低くなるようにします。フロントのスポイラーの取り付けには、コーナーの側面ポッチブロックを使うのが便利です。しかしこのパーツはタンばかりリリースされているので、隠れるように使わなければなりません。

lastkiller_4.jpg

 ミニフィグはレーシングドライバーです。最近はスピードチャンピオンズでレーシングスーツのフィグがたくさん出るので、我々のような車ビルダーにはありがたい時代です。今回作ったシールは家庭用プリンタで光沢のあるハガキシール紙に印刷しました。リアガラスにはレールプレートランナーのステッカーも貼ってあります。

lastkiller_6.jpg

 今回製作した3台の痛車です。車に好きなキャラを貼って満足するだけではなく、格好いいカスタムカーに仕上げるのが今回の目標でした。痛車というものに対する取り組みも時代と共に変化しています。4幅車でも初期のころから痛車は何台も作ってきました。とても自由で好きなジャンルですが、それゆえに格好良くするのも難しいと感じます。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1552-5e2b6761