Mr. Chill:18mmリムでラグジュアリーなハイライザー - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Mr. Chill:18mmリムでラグジュアリーなハイライザー

mrchill_1.jpg

Mr. Chill

 ホイールのインパクトは重要です。大きな18mmホイールでばっちり目立ってイケイケな車を作りましょう。
 



 ドンク、ボックス、またはバブルと呼ばれるハイライザーは、東海岸のクールなカーカルチャーです。大きなホイールを無理やりセットし、車高を上げるのがハイライザーというジャンルです。とにかくゴージャスなホイールを入れるというラグジュアリーなこのジャンル、中にはカートゥーンやお菓子の銘柄など、派手なペイントが施されることもあります。今回はそんなビビッドで派手なスタイルをやってみたいと思い、レゴシティのシールに合わせて1台作ってみることにしました。

mrchill_2.jpg

 ボディはシティフェンダーをベースにストレートな組み方にしました。ポイントはフェンダーにぴったり収まるホイールとタイヤです。スピードチャンピオンズの18mmホイールを使い、11mm用のスリックタイヤを7mm引っ張ってセットしました。大径のホイールと超低扁平のタイヤを組み合わせるのがセオリーなので、レゴでやるならスリックの引っ張りはほぼ必須といってもいいでしょう。カラーリングは派手に、レゴシティのアイスクリームトラックのシールをサイドに貼りました。ホイールもコミカルな雰囲気にしたくてあえて黄色いリムと白いディスクの組み合わせです。グリルとヘッドライトも黄色にしてみました。おもちゃっぽい配色にして目立ち度が上がりました。

mrchill_3.jpg

 オープンなので内装も当然こだわります。フロントはダッシュを黄色にし、ハンドルにはホイールと同じスピチャンのディスクを付けました。ホイールに合わせたスポークデザインのハンドルを付けるのは、実際にハイライザー系の定番カスタムなので、ぜひこだわって付け替えておきたい部分です。リアにはシルバーのスピーカーと、ティアラのプラークも付けました。リアトランクにはエアブラシをイメージしてシールを貼りました。ハイライザーはもっと車高を上げる場合もありますが、シティフェンダーとこのホイールの組み合わせならアーチと隙間なくセットできるのでそんなに車高は上がりません。

mrchill_4.jpg

 ホイールのセッティングは位置固定です。普通の細い車軸を、シャフト穴のスピチャンホイールに差し込みます。シャフト穴なのでスムーズには回転してくれませんが、抜けることなく持ってくれます。スリックタイヤはめいいっぱい引っ張ってホイールの外側のみに履かせます。このホイールは幅が少し太すぎるので、こうすることで細いホイールに見せることができます。しかしホイールがかなり余ってしまうので、それを隠すためにフェンダーとピッタリのセッティングで取り付けているわけです。
 日本では馴染みの浅いDUB系カスタムは4幅車の世界でもまだまだ未開拓のジャンルです。華やかな世界がレゴでも再現されるようになってほしいですね。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1554-ed834500