Nose Up:ローライダーコンパクトはツラで変わる - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Nose Up:ローライダーコンパクトはツラで変わる

noseup_1.jpg

Builder: ナタデココ

 小さな4幅車の世界でも、タイヤの印象は車を左右します。サイズ、大きさ、そしてツラをどうセッティングするか、それを私たちは常に考えているのです。



 4幅車界隈でにわかに盛り上がりつつあるローライダーコンパクトの流れに、また新たな一手です。まず最初に最澄さんが片側車軸でハイドロを再現したシビックを制作し、小さな車でも手軽にスリーウィールが決められる仕組みが確立されました。今回の車も基本的にはその仕組みが継承されていますが、さらにカスタマイズが進められ、新しいルックスを生み出すことに成功しています。

noseup_2.jpg

 コンパクトな4幅ボディでハイドロを動かしている姿はいつ見てもクールです。ボディカラーは渋めの黒ですが、ちょっとした工夫によりショーで埋もれないアレンジが加えられています。例えばルーフをダークレッドにしていることで、ただの黒い車もローライダー的に見えてきます。それにローライダーならメッキの装飾パーツもつきものなので、ふろんとにはパールゴールドのグリルが取り付けられます。これもこの1パーツのみですが、小さな変更でも大きな印象の変化があります。ミニフィグは頭をハゲにしてようやく乗れるようですね。

noseup_3.jpg

 4輪それぞれが独立したハイドロによって、左右に傾けたり、前後に傾けたりと様々なポージングが可能です。そして注目なのはフェンダーから大きく飛び出したツラです。ホイールは8mmワイドホイール、タイヤは裏返しにすることで通常のワイドスリックタイヤよりも丸く小さいサイズとなっています。足元の雰囲気は今まで出てきた4幅のどのローコンパクトよりも素晴らしいです。しかし1x2片側車軸を使うので、今まではここまでツラを出すことができませんでした。それではこの車の構造はどうなっているのでしょうか。

noseup_4.jpg

 裏返してみると、左右の車軸は隙間を開けて配置されていました。これでツラが外に出ていたわけですね。この配置だとクリップの可動が干渉してしまうので、フロアの四隅をラウンドプレートにすることで干渉を防いでいます。タイヤはほとんどフェンダーの外側に出るほどのワイルドなセッティングになりました。先頭の画像で、背後にいる私のHydro Ridinと比べて、ツラとタイヤの雰囲気が全然違うことが分かるでしょう。
 車高が変えられる仕組みは様々なジャンルに活用が期待できます。こうやって狭いスペースで使えるテクが増えると、4幅カーショーの世界もどんどん盛り上がっていきそうです。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1555-10c3ae46