Violent Civic:暴力的鬼キャンシビック - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Violent Civic:暴力的鬼キャンシビック

violentcivic_1.jpg

Honda Civic / Builder: シュウスケ

 有名チームの名前とは関係ありません。暴力的なディテールが素晴らしいEGシビックのご紹介です。



 今回彼がHot Minifig Rides向けに送ってきた車は、スポコンテイストの強い車が多かったです。その中で一番暴力的だったのが、このシビックです。車の格好良さはキャンバーの付け方では決まりません。しかしワイドなフェンダーで鬼キャンにし、大きなウィングを備えた姿はどうにもクールなものなのです。それは本来のスピードを求めた「チューナー」の姿勢とも異なりますが、車高の低い車に心惹かれるのはその筋の人間なら共感するところでしょう。

violentcivic_2.jpg

 昔ながらの4幅車の基本フォーマットを守りつつも、新パーツも駆使して造形が作り込まれています。フェンダーはレールプレートと、タイルの横貼りで幅を広げ、白のメッシュホイールをかなりの角度でセットしています。赤いボディに白のメッシュは美しいコントラストとなり、見た目のインパクトも強いです。このホイールは2013年が最後のリリースなので、今やすでに少し貴重なパーツとなっています。フロントフードはなく、エンジンベイをむき出しにしたワイルドな見た目です。エンジンの造形ではインゴットをヘッドカバーにするのが定番ですね。シビックの横置きのレイアウトも当然再現されています。フロントバンパーはかなり低く、地面に当たるほどです。両サイドにラウンドタイルを配置してアグレッシブなエアロデザインになっています。

violentcivic_3.jpg

 ルーフにはスポイラー、室内にはロールケージを入れて戦闘力の高さをアピールします。短いテールからは斜めにマフラーが伸びています。後ろから見た場合の厳つさ3点セットを全て備えて、この小さなハッチバックを格好良く仕上げます。車のフォルムそのものは4幅車としてよくあるものですが、細部のカスタムでかなり存在感のある車に仕上がっています。こういうことがカスタムの楽しさで、レゴ4幅車の楽しみでもあります。

violentcivic_4.jpg

 ハラキリしていません。どうやらミニフィグは乗りそうで乗らない仕様のようです。ホイールはT字バーですが、この接続はホイールを固定できないので、フェンダーの上側にタイヤを押し付けて外れないように押さえます。

violentcivic_5.jpg

 彼のもう1台のシビックとツーショットです。黄色はシンプルなエアロとキャンバーで、当時のスポコンテイストが色濃く感じられます。どちらもフロントエアロのラウンドタイルが効果的ですね。
 コンパクトなボディに暴力的なディテールで、ヨンハバらしい車でした。今年のHMRではアワードを狙って参戦します。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1558-0fbb0df7