Mangoose:マンゴー色のスムーズカスタム - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Mangoose:マンゴー色のスムーズカスタム

mangoose_1.jpg

Mangoose

 マンゴー色……ブライトオレンジを使ったカスタムカーを作りたいと前々から画策していました。クラシックなベース車で、スムーズなカスタムをしてみます。



 昨年のオオトリだった1930年代ストリームライナーコンテストに合わせて、私もクラシックな車を作ってみることにしました。といってもどうしてもノーマルで作る気が起きなかったので、ホットロッド的にカスタムすることにしました。1930年代は車が車らしい形になっていった時代です。馬車とたいして変わらなかった初期の自動車は、ステップに足をかけて登るように乗り込むものでした。しかし30年代に流線形の概念が流行すると、車高やルーフが低くなりました。それからは頭を屈めて車に乗るようになっていったわけです。この時代の車は現在の自動車デザインの源流であり、そして最もおおらかで豪華な瞬間でした。その時代の車をスムージングとローダウンでカスタムしたら、当然格好良くなるはずですよね。

mangoose_2.jpg

 車のモデルは特にありません。しかしホットロッドのベースでよくあるデュースのような車ではなく、当時の高級車をイメージしました。ボディカラーはカスタムペイントっぽく、ブライトオレンジです。フロント周りはボンネットを2幅にしてクラシックなデザインのフェンダーを作りました。曲線をきれいに出したかったので、ヘッドライトはありません。実際にも30年代のコードとかだと、フェンダーの内側に隠れるヒドゥンライトがあったりしました。そしてタイヤは思い切りフェンダーに被せてスラムドしている雰囲気にしたかったので、ヘルメットバイザーをタイヤの代わりにしました。これでかなりフェンダーに食い込んでいるように見えます。しかしホイールをどうしても入れることができませんでした。タイヤの中が単なる空洞だと格好悪いので、内側に水平クリップを入れました。

mangoose_3.jpg

 ミニフィグを乗せるために、ボディ後半は全体を4幅で作っています。ルーフを低く見せるため、風防は高さ1を使います。流線形時代の流行りを再現するために、テールには真ん中にフィンを立てました。作っていると全長がどうしても間延びしてしまうので、切り詰めていくのが結構難儀しました。結果的にかなり丸っこいテールになりました。リアフェンダーはスカートにしてリアタイヤを隠します。このフェンダーももう少し角を取りたかったのですが、ブライトオレンジのパーツパレットではどうにもなりませんでした。前後はバンパーなしで、かなりすっきりした見た目になりました。

mangoose_4.jpg

 フロントタイヤのヘルメットバイザーはパーツの裏側にはめており、かなり弱い結合ですが置いておくだけなら問題なく収まってくれます。リアは4Lバーを軸にして、ペグに通しています。タイヤは引っ込みすぎると格好悪いので、可能な限りアウトセットでスカートの内壁と近づけました。屋根を低くするためにハラキリしています。リアのスカートは側面ポッチブロックが活躍しました。1x1側面ポッチブロックは、今やかなりカラバリが出ているので、こうした中間色系でも色々な造形ができるようになりました。
 コンテストの運営側なのでエントリーはしない参考作としての製作となりましたが、普段なら作らないタイプの車だったので刺激的で楽しめました。ちなみマンゴー色であることから、ショーネームはマンゴーとマングースを組み合わせた造語です。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1564-82e1842d