Hot Minifig Rides 2021 Main Game Part 5 - The Indoor - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Hot Minifig Rides 2021 Main Game Part 5 - The Indoor

hmr2021_7.jpg


 Hot Minifig Rides 2021メインゲームのレポート5回目はカーペットエリアです。レゴで作り出されたカーショーとして、世界最高の光景が繰り広げられました。



hmr2021_0295.jpg
 カーペット展示用のインドア会場は前回の2019から導入されたものです。電池ボックスのサイズを変えてMinifig Ridesのステッカーを貼ったりと、若干手直ししました。

hmr2021_0296.jpg
 カーペットサイズは8x16を基本とし、全72枠のスペースが用意されています。車をアピールしたい人は2枠使って置くのもOKです。今回はカーペット参加率が前回よりも高くなったように感じます。余りスペースには私の車を置くのですが、今年はあまり置けませんでした。

hmr2021_0307.jpg
 白い床とカラフルなトラスの梁が特別な雰囲気を発しています。インドアといいつつ壁は2面のみです。インドアの雰囲気を出しつつ、車がしっかり見えることを考えた結果の形です。

hmr2021_0314.jpg
 我々の活動としては横浜ホットロッドカスタムショーの体験が活きているようで、ホットロッド系のショーカーをカーペットで展示というのが多く見られました。2枠分のスペースに飾られているのは、ベストホットロッドとなったDopplersさんのクーペです。背を向いている黒いセダンもDopplersさんの作で、彼はこの2台のみのエントリーで参加してきました。手前のCキャブデリバリーはSakuraiさんです。隣の赤いハッチバックレーサーはナタデココさんで、アワードとはなりませんでしたが、非常に格好いい車でした。

hmr2021_0315.jpg
 非常に多彩な車がこの場所でアピールしています。車だけではなく、カーペットのデザインにも個性と工夫が見られます。

hmr2021_0316.jpg
 今回シゲさんはかなり色々なカーペットに挑んでおり、窓を並べて下が透けて見えるものもありました。ショーガールも付いていて、展示にむけた気合いが感じられます。最澄さんもかなりカーペットエリアに台数を割いており、エキゾチックカーやラットロッドが並んでいます。最澄さんはどの車をカーペットに配置するかの指定がなかったので、私が適当に選んで置きました。手前のナタデココさんのMid Cも青とピンクのチェック模様がおしゃれで非常に映えます。

hmr2021_0317.jpg
 とにーさんのメッキのローライダー軍団は2019に続いて2年ぶりのカーペット展示です。前回のトロフィーも飾られて、カーショーっぽい雰囲気になりました。今年は赤いローライダーがジアウトローに選ばれました。左端の最澄さんのノマドは色合いではダーク系で地味ですが、素晴らしい作り込みでベストカスタムとなっています。

hmr2021_0323.jpg
 白い床の効果で非常に明るく見えます。天井のライトでも照らされるので、室内の雰囲気が再現されました。

hmr2021_0324.jpg
 私のピンクのボムが真ん中に見えます。かいさんはシグカーのボルボワゴンをカーペットで展示しました。ストックボディをローダウンしたスタイルが自然な格好良さです。シゲさんはスポコンな車を今回も多数エントリーしてきました。プリント付きのメッシュホイールが足元を引き締めます。エリアスさんもスピチャンホイールでスタンスしたショーカーをこちらに並べています。

hmr2021_0356.jpg
 えもりんさんのモーター付きサンバーは、岩場を再現した展示で今回最も気合いの入ったカーペットでした。牽引している電池ボックスも収まる2枠を使っています。この車はベスト軽となりました。

hmr2021_0361.jpg
 最澄さんが露骨にショーロッド枠に挑戦してきたホットロッドは色合いが完全にホットウィールです。緑色の車椅子ホイールをさっそく活用してきました。シゲさんのゴールドのピックアップは、前回の群馬からボンネット周りを完成させてのエントリーです。

hmr2021_0362.jpg
 エリアスさんの車は前後で径の違うホイールをセットした独特のスタンスで、ボディの塗り分けとも合っています。バランスが非常に好きな1台です。

hmr2021_0414.jpg
 シゲさんのショーロッドはバイオニクルマスクのグリルがインパクト大です。さらに純正ゴールドメッキのホイールで足元を引き締めているのもポイントですね。ミニフィグとカーペットと組み合わせて展示のコーディネートが非常に完成された車です。

hmr2021_0415.jpg
 シゲさんのスラムドなトラックは、超ナロードで妖しい雰囲気が出ています。フロントグリルはパープルというレアな色のパーツを当てはめています。エンジンから直に出ているマフラーはメッキで輝いています。

hmr2021_0416.jpg
 最澄さんのピックアップローライダーは、今回のベストローライダーになりました。カーペット展示ではハイドロを活かしてスリーホイールを披露します。

hmr2021_0417.jpg
 ダークグレーの車が2台、前はユーリさんです。後ろはおとちゃんの車で、赤いホイールのスタンスとワイドボディが強烈なインパクトを放っています。

hmr2021_0419.jpg
 Shintaroさんの超ワイドボディな2台は大きなカーペットで2台並んで展示されました。どちらも警官を置いたディスプレイで、片方はスピード計測器を蹴散らす情景のようです。

hmr2021_0420.jpg
 ここに並ぶのはやはりアメリカンカスタムな車が多いです。最澄さんの低さを強調したスレッドは色も美しく、今回アワードにならなかったのが惜しい車でした。Sakuraiさんのバスタブ再現車はボディの前後が折れ曲がるように改修され、よりファンキーな雰囲気が出るようになっていました。これも見逃すには惜しい車です。手前は私のフィアットのドラッグレーサーです。

hmr2021_0421.jpg
 痛車に特に気合いを入れているKimronさんは2台を大きなカーペットで展示してきました。花柄と星柄のカーペットにも力が入っています。ダークターコイズのプリキュア痛車はキャラのプリントとマッチして非常に美しい車でした。熾烈なベスト痛車の中で残念ながらアワードとはなりませんでした。

hmr2021_0454.jpg
 画面いっぱいにショーカーが広がるショットは最高です。ショーのために本気で作られた車だけが並んでいるのです。

hmr2021_0455.jpg
 空きスペースを埋めるように置かれた私の車です。ストリートには似合わないショーカーを置きました。機関車をホットロッドにしたNightmare Expressは私のお気に入りです。ホットロッドのGolden Gunもカーペット展示の似合う車でした。

hmr2021_0456.jpg
 シゲさんの赤いスポーツカーは窓枠を利用したテールが特徴で、ミッドシップエンジンが見えるショーアピールがされています。紫色のMugenさんのボムは、彼らしい美しいビルドでした。最澄さんの赤いバンはスラムドされた車高が格好良く、シンプルですが非常にバランスのいい1台でした。

hmr2021_0486.jpg
 かいさんの車はこの中では少数派なスタンス系で、アメリカンカスタムとは違うクールな格好良さをアピールしていました。私のパンダカラーのボムとは色合いだけ似ていますが全く異なる雰囲気です。

hmr2021_0487.jpg
 Limeさんのゆるきゃん仕様のラシーンは、キャンプをイメージした芝のカーペットで展示されています。その隣はムラにゃすさんのミニトラックで、まるでトランスフォーマーのようなベッドアクションがこのエリアの中でも目立っていました。

hmr2021_0504.jpg
 Limeさんの金色のハイリフトトラックはエリアの端っこでしたが、存在感は絶大でした。カーペットには鏡を配置してメッキのディテールを見せるというお手本のようなディスプレイです。車も展示もショー向けとしては完璧で、ベストハイリフトに選ばれました。

hmr2021_0503.jpg
 通路のスペースを開けて並べると適度に空間ができて写真映えもします。2枠分使えば隣の車とも重ならずにゆったり展示できます。また来年はもっと広いスペースが必要になってしまうかもしれませんね。



 HMRの中で最も美しいエリアを紹介しました。しかしまだ見所は残っています。次回は車の雰囲気も変わって公園エリアにいきます。

関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1579-38ef8259