Quad Mafia:4灯セダンのワルなオーラ - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Quad Mafia:4灯セダンのワルなオーラ

quadmafia_1.jpg

Builder: 最澄

 4幅車界隈は悪い車が勢ぞろいしています。今回の車なんかは特に悪そうですね。



 オーラのある車は4幅車の中でも稀です。黒いクラシックなボディをスラムドしたこちらの車は、ワルで重厚なオーラが漂っています。元々は関山さんが作ったクラシックカー作品を元に、カスタムを施したという体の車です。アイディアの伝番はレゴでならよくあることです。そして4幅車というビルドジャンルでは、積極的に真似していくべきだと私は何度も伝えてきました。そして、ほれ見たことかと、こんなにクールな車が生まれてきたのです。

quadmafia_2.jpg

 双眼鏡を縦にしたヘッドライトはオリジナルのアイディアをそのまま利用しています。縦目グロリアのようなクラシックなセダンをイメージさせるデザインです。ヘッドライトの間のグリルは、よくあるグリルタイルではなく黒のインゴットを配置し、エレガントなイメージを強めています。ボディサイドはタイルを貼り付け、タイヤは大きくフェンダーに被るほどローダウンします。側面タイルの手法はシャコタン4幅車としてはよくある手法ですが、バッチリ決まればこんなに格好良くなります。ホイールは金色のレーサー5スポークをセットしています。

quadmafia_3.jpg

 サイドにモールを入れ、ルーフは白となるあたりがビンテージな雰囲気ですね。バンパーは前後ともレールプレートです。グレーに見えますが、成型色のフラットシルバーを使っています。ルーフは4x6タイプで、リア側の風防はあえて半ポッチ内側にずらしてあります。キャビンを短くし、リアデッキを長く取るためのバランス取りと思われます。セダンの大柄さとスタイリッシュなボディラインが上手く共存しています。テールからは長いマフラーが飛び出しているあたりがかなりファンキーです。ちなみに最近ではユーロ界隈でも、日本の暴走族を真似した長いマフラーが「遊び心」で取り付けられことがあるようです。

quadmafia_4.jpg

 ばっちり床がある裏面でした。車軸は前後ともに上下反転です。しかし軸位置は半端な高さで止まっているように見えるので、どのように固定しているのか気になりますね。裏側の技で気になるのはフロント側の下回りはラウンドタイルで丸められているというところです。テールカーブスロープで逆スラントしています。ボディの下回りを丸めることで、車をクラシックに見せることができます。テールパイプは双眼鏡に3Lバーを2本さして斜めに取り付けています。もし2Lバーが登場すれば、マフラーの表現も変わってくるでしょうね。

quadmafia_5.jpg

 オリジナルとなった関山さんの車と並んでのショットです。ヘッドライトの組み方など、大きな特徴は共通していますが、細部を見るとかなりの部分で最澄さんの組み方に変換されているのが分かります。重要なのは発想を得られたということで、実際にどこまで真似するかはビルダー次第です。とにかく今回の車は超クールで、それが最も重要なことなのです。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1607-982bd52d