Wheelie Emergency:アンビュランスのドラッグレーサー - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Wheelie Emergency:アンビュランスのドラッグレーサー

wheelieemergency_1.jpg

Wheelie Emergency

 カスタムのベースにタブーなし!救急車も思い切ってカスタムしてしまいましょう。10秒フラットで現場に駆け付けます。



 いつかは救急車をベースにカスタムしてやろうと思い続けて幾ばく年、そんな長きの構想に渡るプロジェクトは私の4幅車では結構多いです。思えば私がまだ小学生の時に、兄が救急車をドラッグレーサー仕様にした車をレゴで作っており、そのイメージがずっと私の中に残り続けていたことが着想となりました。兄はレゴで車を作るのが私よりもよっぽど上手く、しかもほとんどはホットロッドやドラッグレーサーなどのアメリカンカスタムカーでした。その救急車もアメリカで使われているようなボックス型で、大きなリアタイヤを飲み込んでフロントはかなりローダウンされていました。そのコンセプトは今回の私のアンビュランスにそのまま活かされています。

wheelieemergency_2.jpg

 ボックス型のボディは5幅で、4幅のフロントとはメリハリを付けています。救急車らしくするのと同時に、見た目に派手になるように赤とオレンジのラインを入れました。またカラフルなライトも周りに取り付けてアメリカっぽくしています。大きいリアタイヤは内側に引っ込めて、フェンダーに半分ほど隠します。フロントタイヤは小さく、フロントを低くしました。全体的にかなり小ぶり作っており、ハンドルを付けずにキャビンを小さくしています。ドラッグレーサーなのでヘッドライトはカバーしています。フロントスポイラーを付けようかとも思いましたが、あえてエアロパーツはなしにし、ごついオーバーライダー付きバンパーにしました。リアウィングのようなものも付けていません。

wheelieemergency_3.jpg

 リアフェンダーからはマフラーを斜めに出します。ドラッグレーサーなので、マフラーは上に向けるのがセオリーです。上に向かって排気を噴射する方が、車が下に押し付けられてトラクションが上がるからですね。リアドアにはパラシュートボックスが付いています。こんなところに付けたらリアドアが開かないと思うでしょうが、この車は本物の救急車ではなく、救急車型のファイバーグラスボディを載せてるハリボテという想定なのでこれで良いのです。実際中は全く作り込んでいません。

wheelieemergency_4.jpg

 見た目の通り、4幅のフロントと5幅のリアで半ポッチずれています。フロント車軸は低くするために上下反転しています。リアはペグ穴ホイールを使い、バーを軸にハーフブッシュを介して真ん中のペグ穴に通しています。テクニック軸はナロー化できるので、こういうドラッグ仕様にはうってつけです。
 アメリカではどんな車でもドラッグレースを走らせるお国柄なので、こういう働く車でもホットロッド的な改造をしてしまいます。ちなみに今年のHMRではこの救急車の他に、霊柩車、ゴミ収集車のドラッグ仕様が並んで面白い光景になりました。レゴでも実車でも遊び心が車を面白くするんですね。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1608-e7cfbe31