Rhino Rocker:カーベース活用オフローダー - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Rhino Rocker:カーベース活用オフローダー

rhinorocker_1.jpg

Builder: シゲ

 鮮烈なイメージカラーと共にフレッシュな新作の登場です。オフロードマシンのアピールしたい場所は下回りです。



 彼が出してくる新作には必ず何かしらのパーツ的チャレンジが隠れています。今回はまた特に面白いパーツが隠されていました。

70682.png

 2021年のジュニア向けセットで使われるようになった新しいカーベースです。ジュニア用のパーツは大型で使いづらく、我々からすると無用な長物と化すことが多いかと思います。しかし今回の新パーツはちょっと注目してみてもいいかもしれません。これは左右で分割式になっており、同じパーツを2個合わせて使います。ブリックリンクでは4輪バイク用パーツとなっていますが、アームの外側にタイヤをセットすればバギーになり、アームの間にタイヤをセットすればバイクになるという、用途が多岐なベースとして設計されています。サスペンション部分がかなりリアル志向なモールドになっており、見た目的なメリットが期待できます。
 とはいえ大きな一体パーツには変わりがないので、これで車を作ろうとするとかなり形に制約が生まれてしまいます。しかしそこをなんとか調理するのが4幅車ビルダーの腕の見せ所です。

rhinorocker_2.jpg

 今のところ赤とダークグレーの2色でリリースされていますが、選んだのはあえての派手な赤でした。ワイルドなサスペンション造形を活用した、オフロードレーサーです。鮮やかな下回りとコントラストを成すのはダークブルーです。ボディデザインはトラックというよりもスポーティなスタイルで、ライトが隠れたフロントマスク周りはマッスルカーのように彫りが深くて格好いいですね。下回りを守るガードが付いているのはオフロードらしいディテールアップです。ホイールはシャフト軸の18mmワイドホイールで、そこにスピードチャンピオンズのディスクをセットします。赤いリムが浮かび上がって、車体のカラーと上手くコーディネートされます。

rhinorocker_3.jpg

 カーベースの側面い付いているポッチには、赤いクリップバーでアームが付けられ、無駄なポッチを隠しつつワイルドなテイストに仕上げます。背中のルーバー風のパーツも2020年からの新パーツです。これも4x4という比較的大き目なパーツですが、こうして車のデザインに取り入れる可能性も秘めた面白いパーツですね。あえての赤を選択して、サイバーな未来感を演出します。マフラーはミニフィグ用アクセサリーののハンドミキサーを使っているようです。

rhinorocker_4.jpg

 裏側です。左右の車輪をつなぐ車軸部分はテクニックコネクタをつなげて、構造的な不自然さが出ないように組まれています。さらに見た目を補強するフレームとしてソーセージが4本配置されていますね。ソーセージパーツはクリップで掴むことができて便利なので、ディテール用パーツとしてMOCビルダー御用達です。しかし黒がよく使われる印象があるので、赤ソーセージを組み込む作品は意外と珍しいかもしれません。
 徹底的な色分けがされており、ウィンドウやタイヤなどを除くと、赤とダークブルーの2色しか表に出ないようにビルドされています。それだけあって見た目のインパクトは絶大です。これは完全に走行用ではなく展示用のショーカーでしょう。それにユニークでもあるので注目を集めること間違いなしです。今後はこの新型カーベースが4幅車界隈で注目されるかもしれません。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1624-d15a6fd9