GT-R King:R35お手本ビルド - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

GT-R King:R35お手本ビルド

gtrking_1.jpg

Nissan GT-R / Builder: たけのこ

 レゴでも商品化され、日本スポーツカーの王者であるR35 GT-Rは、みんなの憧れです。



 昨年にレゴスピードチャンピオンズからGT-R Nismoが発売され、それに触発されて4幅車界隈でもGT-Rを作るのが流行りました。スカイラインやGT-Rはやはり人気があるので4幅で作る人も多いのですが、R35のボディラインはなかなか強敵です。果敢にもそれに挑戦した車がまた1台、カーショーにエントリーしてきました。ほかの作例と比べても特に小ぶりなサイズで、高度にGT-Rが再現されています。

gtrking_2.jpg

 ホイールベースは7ポッチで、GT-Rとしてはボディの小ささが強く感じられます。捉えるのが難しいフロントフォルムは絶妙なパーツの組み合わせで表現されています。フェンダー部分はクリップでタイルを掴む接続法で、オーバーフェンダーにしつつ、緩い傾斜をボディに与えます。フード上に隙間ができますが、この手の車ならエアベントに見えるので違和感はありませんね。ヘッドライトは製品のシールを転用し、ウェッジスロープで丸みのあるノーズになっています。ここで驚くのが台形のフロントグリルで、4幅フェンダーが縦向きに埋め込まれています。内側にはGT-Rのエンブレムを表す赤いパーツがセットされています。この部分をパーツで立体的に表現したのは、かなり画期的です。おかげで遠くから見てもGT-Rのオーラが感じられます。ボディサイドには三角タイルが当てられ、R35の個性的なラインをトレースします。黒いフロントリップからサイドステップにつながるパネルの配置も素晴らしいです。

gtrking_3.jpg

 リアフェンダーは5幅に拡大され、そこにカーブスロープでルーフが下りてきます。ルーフのスポーティなラインもR35には不可欠な要素ですね。しかしミニフィグにとっては少々狭苦しいようで、頭がリアから覗いています。ルーフからラインは途切れるものの、斜めに配置されたテール回りもかなり手の込んだものになっています。4幅車で諦めがちな丸形ダブルのテールライトの作りこみは神業レベルです。まず赤いテールライトは垂れポッチを被せて1x1ラウンドよりも一回りサイズを小さくし、その隣にはオレンジのクリップバーを挟み込んでいます。上に乗せたウィングで見せたくない部分は上手く隠して仕上げとなっています。全体的にコンパクトにしつつ、高度なディテールで魅せてくれる車です。

gtrking_4.jpg

 ホイールは11㎜ワイドで、スリックタイヤが外側にだけセットされます。車軸は通常の2x2がそのままの向きで使われ、足回りはいたってオーソドックスです。ハラキリされていますが、両サイドの室内空間が圧迫されている関係でミニフィグ位置が高めなので、切らなくても収まりそうではありますね。サイドステップ部のパネルはブラケットで横向きに固定されています。テール周りのユニットはクリップで斜めに固定されていることも分かります。
 今年のHot Minifig Ridesには、ハコスカとR35の新旧GT-Rでのエントリーでした。どちらも小さくともかなり密度の濃いマシンでした。ボディラインが複雑なR35は特に見どころが多かったです。これからR35を作ろうとするビルダーにはぜひ手本にしてほしい1台です。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1651-6e1b9219