4WLCコンテスト2021#2 「ストリートレーサー」ウィナー発表! - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

4WLCコンテスト2021#2 「ストリートレーサー」ウィナー発表!

contest2021_2_award.jpg


 「ストリートレーサー」がテーマの4WLCコンテストの投票が10月24日で終了しました。投票と審査の結果を発表します。



 今回のコンテストはエントリー数38名、投票数は108票となりました。平均得票数は約2.8票なので、3票以上獲得の車まで上位ランカーとして掲載します。アワードは得票数トップのピープルズチョイスと、審査員賞のMKピック、Tamotsuピックの合計3つとなります。テーマ的に非常に多様な年代やモデルが集まり、投票も審査も難しいコンテストとなりました。

People's Choice


4wlccontest2021_2_006.jpg
20 votes / 006 / Rally S4 n°473 / Builder: ぽん太ツインテ超絶好き
みんなのコメント:バランスが良くてカッコいいと思います! / リアカウルを開けたところが見たいです! / 細部まで拘りがあり素晴らしい!! /  ウェッジシェイプの表現が良いと思いました。 / マニアックな車種選定と無駄に高等な写真技術が良い。 /  ウェッジシェイプとリアの造形に気合を感じました

 ぽん太さんのいつものラリーテイストなホットハッチが圧倒的な得票で1位となりました。ショートてーるな薄いボディを、サイドに斜めに通したラインでスタイリッシュに仕上げます。最も美しいサイドビューの掲載を指定し、あえて情報量の少ない写真での勝負となりました。ただしツイッターやインスタグラムで同時に詳細写真とアピールを掲載し、SNSを駆使した戦略も功を奏したのではないかと思われます。社内の計器やリアのエンジンなど走りに必要なディテールも詰まっており、実際にハイスピードで走るさまがイメージできる車でした。

MK Pick


4wlccontest2021_2_010.jpg
4 votes / 010 / AKAGI ER-X / Builder: だく
みんなのコメント:4幅でここまでできるのかと感動しました!

審査員MKコメント:
 今回のビルコンのテーマは「ストリートレーサー」ストリートレーサーと一言で言っても様々な車種やスタイルがあり、時代や国、走る場所によっても多種多様なカスタムが見受けられるかと思います。さて、今回の選定基準は
「峠や高速道路などで見受けられる現代のストリートレーサーのスタイル」
「下げすぎない車高、つけ過ぎないキャンバー、派手すぎないエアロやウイング」
「パッと見てカッコよく実際にストリートでレースをしていそうか」
 上記3点を基準に選びました。今回のビルコンでは実車の再現や漫画・アニメ・映画等に出てくる劇用車などの再現もありました。しかし、この作品はオリジナルの架空車ですが非常にカッコいいルックスです。車体色は派手ですが、レゴ作品としての組み方が非常に綺麗で纏まっています。細かく見ると複雑そうな組み方になっていますが全体的な形が非常にシンプルで素直にカッコいいなと思いました。またステッカーの使い方も良く、フロントバンパーのエアインテークの再現やボンネットやウイングのワンポイントでステッカーやプリントパーツを使っているところもいいポイントでした。車高も下げ過ぎず、タイヤとフェンダーのクリアランスも取られている点も走り屋らしいポイントかなと思います。また、フロントリップ、サイドスポイラー、テールリップの3点も走り屋ルックとしてキマっています。マフラーも中央から2本でているところもいいですね。
 山ではあまり見受けられない派手なカラーリングですが、首都高の都心環状線や湾岸線などでたまに見かける速いクルマなどのイメージがあります。基本的に最近のストリートでは目立つような派手なエアロやカラーの車は避けられがちですが、中には派手なカラーやエアロで目立っていても気にせずカッ飛んで行く速い車も見受けられます。自分が走ってて後ろからこんな車にぶち抜かれたら追いかけたくなってしまうな、と思うほど「カッコいいヨンダブ」として今回こちらのAKAGI ER-Xを選ばさせていただきました。

 実際に走っていそうかどうかという観点から選ばれたのが、だくさんの車でした。私のレゴコミックの「ハイスクールレースウォー」に出てきそうな車をイメージして作られており、今回のコンテストの中でも特に色合いが派手です。全体的にスマートにまとまっていますが、サイドステップ部分がパネルの横組みで作られており、そのためにボディの多くの部分が実は逆組みで作られています。ウィンドウも1個は逆組みでサイドを埋めており、実はかなりテクニカルな車です。

Tamotsu Pick


4wlccontest2021_2_024.jpg
0 votes / 024 / レッドレーサー / Builder: ほんだびーと

 前にも一度ブログに載せたことがある車ですが、こちらはレゴコミック「ハイスクールチームドリフト」の制作時に作品投稿してもらった車です。当時2012年頃だったので、約9年の歳月を経て今回のコンテストへのエントリーとなりました。他の数々の新作を差し置いての選定としたわけですが、この車の当時風のオーラに勝るものは他にいなかったのでこれに決めることにしました。
 私のストリートレーサーの要件はワイルドスピード1作目の頃のスポコンスタイルであることです。レゴコミック制作時は現在のような4幅車ビルダーのコミュニティは存在せず、まともに4幅車を作っているビルダーはごくわずかでした。その当時に送られてきたこの車の写真はかなり衝撃的なものでした。ブラケットを使ったエアロ表現や、ワイド車軸にぽん付けの車高など、当時の定番を抑えつつ、フロントフードを1プレート低くしたり、低い風防を使ったりと、車体を低く薄く見せる工夫がされています。ちなみに当時はルーフ周りをプレートで囲んで、頭が飛び出している真ん中だけ空いているという構造でした。ルーフを完全に除去した現在の方がバランスよく見えます。リアバンパーの空間を丸ごとディフューザーに見せるのもボディのボリューム感ダウンに貢献していますね。NSXを参考にしたと思われるちょんまげインテークが立っており、レーサーとしての戦闘力の高さを感じさせます。シールの使い方でボディを引き締め、タイニーターボをそのままフィグ乗りにしたようなテイストが当時のスタイルです。
 この車に一つ問題があるとすれば、かなり古い作品で、今回のコンテストのための新作ではないということです。しかし言い換えれば、それ以外の難点は何もない車でもありました。10年以上前、4幅車を作り始めたころの私の目標は、時間がたっても格好いい車を作ることでした。この10年の間に4幅車のビルテクは相当進化しています。しかし車の格好良さを決めるのは高度なテクだけではないのです。時代が変わってもこの車はストリートレーサーとしてずっと最高にクールなままでした。

 アワードを決める際に他の候補になった車です。どれもスポコンとして見て王道かどうか、格好いいかどうかを見て良いと思った車です。

・0 votes / 004 / Spocom coupe / Builder: NITRO
 今回最後まで迷ったもう1台のマシンです。スポコンに派手なガルウィングを組み合わせていて好きでした。もう一つパンチがあればこちらがアワードだったでしょう。

・2 votes / 007 / Tuner X 2021 / Builder: OctanCola
 新しいビルドスタイルでタイニーターボのシールを組み合わせ、これもなかなか良い雰囲気でした。

・2 votes / 016 / MOST WANTED / Builder: Stanced_4wlc
 エアロ造形など最近のパーツでこれも格好良かったです。レーサーとは思えない車高とツラですが、これはこれで格好いいです。

・1 votes / 026 / str33t tr4il3r / Builder: テイラミック
 これもエアロやリアウィングなどかなり好きなテイストでした。ただSUVベースだったのでアワードとしては外すことにしました。

Rankers


4wlccontest2021_2_022.jpg
14 votes / 022 / Milky Way / Builder: kkami_1124
みんなのコメント:近未来感溢れるスタイリングに1票を。

 ダッジチャージャーデイトナをフレッシュなカラーでペイントし、現代風のLEDアンダーグロウを付けたストリートレーサーです。他の写真ではライトの色が変わっており、最近のトレンド通り虹色に変わっていくようです。旧車のリメイクという意味ではプロモッド的な方向性です。

4wlccontest2021_2_034.jpg
8 votes / 034 / 50’s コンバーチブル / Builder: ナタデココ
みんなのコメント:優勝している / Soo cool. / コンパクトなまとまりが気に入りました!

 C1コルベットをモチーフに、50年代のストリートマシン的なテイストがよく表されています。テールライトやサイドの白い塗分けとディテールなど、かなり実写の雰囲気をとらえています。短いホイールベースでリア上がりになった車高に走りへの気合を感じます。

4wlccontest2021_2_020.jpg
5 votes / 020 / 1950 Mercury Monterrey Custom Sport Coupe / Builder: Alex

 映画「コブラ」に登場したレッドスレッドのマーキュリーを再現した車で、ミニフィグもシルベスター・スタローンを意識しています。80年代の映画ですが60年代当時のストリートのスタイルです。掲載していないですが、ホットロッドとストリートレースをしている写真も一緒に送られてきてなかなか良い雰囲気でした。

4wlccontest2021_2_023.jpg
5 votes / 023 / ストリートレーサー / Builder: Mugen
みんなのコメント:1×3逆アーチの使い方が「答え」。これは流行る。 / サイドのラインが綺麗! / フェンダーラインが美しい!最高です!! /  新パーツ使いこなしでシンプルに美しく。

 多くの人がパーツのきれいな組み合わせに感嘆した車です。サイドのカーブの組み合わせは神業レベルですし、フロントフェンダーの後ろ側の処理も素晴らしいアイディアでエアベントを作り出しています。ダークグレーのボディにオレンジのホイールで見た目のパンチも効いています。

4wlccontest2021_2_027.jpg
5 votes / 027 / Basilisk / Builder: とにー
みんなのコメント:かっこいい

 ロングノーズな王道スポーツカースタイルで、白のラインを入れるとサーキットの狼のような70年代レーサーの雰囲気が漂ってきます。ミニフェンダーとワイドスリックの組み合わせが旧車風でバッチリはまります。あえてクリアパーツを使わない前後ライトの表現で、渋い雰囲気です。

4wlccontest2021_2_030.jpg
5 votes / 030 / W124 / Builder: こんぽた
みんなのコメント:角ばったボディのストリートスタイルはカッコいい / セダンってのが自分に刺さりました笑

 今回珍しいセダンボディで、イジった雰囲気にチャレンジしています。レールプレートのオーバーフェンダーにグレーの5スポークホイールをセットしたスタンスがかなりイケています。フロントはクリアのヘッドライトブロックを使い、サイドにオレンジのレンズを配置してベンツ風のマスクを作っています。

4wlccontest2021_2_005.jpg
4 votes / 005 / 17th Bird / Builder: Danny_4wlc
みんなのコメント:Nice!

 日本の湾岸スタイルを想定したストリートレーサーで、そのモチーフはブラックバードのポルシェのようです。ハイスピードな領域でのダウンフォースを意識して大きなフロントスポイラーとリアウィングを装備します。プルバックモーターが付いていて実際に走らせることができます。

4wlccontest2021_2_017.jpg
4 votes / 017 / White Line / Builder: くぼう
みんなのコメント:スタイリッシュ!ラインもクールです。 / スタイリッシュでカッコいいです

 最近のロードプレートについている白線プリントを使い、マッスルカーのレーシングストライプに見立てたマシンです。その名もWhite Lineとなっています。車高の高い80年代のストリートマシンテイストで、黒いホイールで渋い雰囲気にまとまっています。

4wlccontest2021_2_002.jpg
3 votes / 002 / the devil z / Builder: Lego.Garage
みんなのコメント:今回のテーマに一番ハマったクルマを選びました。

 漫画の湾岸ミッドナイトから悪魔のZを再現した車です。実はブラックバードと2台の写真を送ってきたのですが、エントリーは1台のみなのでZだけに絞ってもらいました。かなりきれいで的確にボディが作られています。特にフロント回りの丸みの付け方などはよくできています。ミニフィグも主人公の再現のようです。

4wlccontest2021_2_018.jpg
3 votes / 018 / Street 7 "BluPin Racer" / Builder: 最澄
みんなのコメント:今回のビルコンのテーマにぴったりで最高! / さすがの完成度。雨宮カラーが最高にクール。

 RE雨宮のSA RX-7ということで彼得意のマツダ車でのエントリーです。青い車体にピンクのフードは元々は80年代のIMSA仕様から来ており、懐かしい雰囲気があふれてきます。ゼロキャンバーで走れる車高にセッティングされており、日本のストリートカーとして強いこだわりが感じられる車です。

4wlccontest2021_2_031.jpg
3 votes / 031 / Night Breeeeeze / Builder: さく。

 インテークむき出しのエンジンを見せて地面に着地する今風のマシンです。ホイールは自作の金属製で、それだけでも他とは違う雰囲気を作り出しています。ガレージのジオラマと写真の雰囲気で非常に格好いいですが、超鬼キャンでベタベタ車高はどう考えても出すコンテストを間違えています。

4wlccontest2021_2_037.jpg
3 votes / 037 / 80‘sツインカムターボ / Builder: SIGEZO
みんなのコメント:情景ジオラマ感あってかわいい / コレには参りました~(笑)

 黒と赤の塗分けで80年代風スポーツカーです。前ヒンジのフロントフードとエンジンの作りこみがよい雰囲気です。しかしそれ以上にオーバーヒートした情景になっている点に惹かれてしまいます。ちなみに煙が出ている状態の写真しかなく、フードは閉じることができないようです。



 以上がすべてのアワードとランカーの作品となります。アワードに選ばれた方々はおめでとうございます。近いうちにアワード賞品を発送いたします。また多くのエントリーと投票をありがとうございました。ストリートレーサーというテーマのとらえ方で皆さんそれぞれ悩んだかと思いますが、色々なマシンが集まって結果的に良かったのではないかと思います。4幅車文化で最も重要なのがストリートです。前回のスタンス、今回のストリートレーサーで、またストリート感の強い4幅車の世界を改めて意識したのではないでしょうか。今後も私たちの世界はストリート中心で進んでいきます。
 さて今年2回目のコンテストが終了となりました。ちょうど投票締め切りの日に、久しぶりのイベントである海老名ブリックカンファレンスが開催され、いろいろなイベントが再開の兆しが見えてきました。そのため次回4WLCコンテストはまた来年に開催しようと思います。それではまた皆さんの新しいビルドをたくさん見られることを楽しみにしています。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1653-8dc601e2