Gulf Spyder:美しいスタンス - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Gulf Spyder:美しいスタンス

gulfspyder_1.jpg

Builder: 最澄

 フォード、ポルシェ、マクラーレン、数多くの栄光がこのカラーリングと共にもたらされてきました。



 レゴスピードチャンピオンズではポルシェ917、フォードGT-40などレースの名車が数多くリリースされています。しかしガルフカラーのマシンは今年のフォードGTが意外にも初となりました。というわけで公式セットのシールを利用したヨンハバマシンが早くも登場しました。車は特にモデルのないレーシングカーとされているものの、やはりポルシェなどの70年代レーサーを彷彿とさせるラインを持っています。実車再現ではないビルドは、純粋に格好良さへの追及です。この車も見た目全振りで、着地車高でカーショーに現れました。

gulfspyder_2.jpg

 公式セットと同じように、アズールがチョイスされています。リアのショートタイプのシティフェンダーは、該当セットで初めてアズールがリリースされたものです。オリジナルカーなだけあって、徹底的にレゴパーツの都合と対話で形が作られています。それゆえに非常に美しいフォルムです。薄い車体はカーブスロープを基本に流線型のフォルムが作られ、低いウィンドシールドでさらに低さが強調されます。ヘッドライトにあえてクリアパーツを使わず、ブラケットとポチスロを黒にしてレーシーな雰囲気にしています。フロントからリアにかけては製品のストライプシールが張られ、パーツの色分けでは表現しきれないカラーリングになっています。これももちろんシールのサイズの都合を考慮したボディ設計がされているということです。正真正銘純正ビルドの結晶です。

gulfspyder_3.jpg

 ルマン仕様のようにロングテール化されたリアには、三角タイルがきれいに当てはめられています。そして内側は空洞になっており、エグゾーストとフレームがセクシーに覗いています。この車の最大の見せ場といっても良いでしょう。荒々しくも直線的にカットされたテールエンドは、レースの興奮を蘇らせてくれるディテールです。そして足元は11㎜ワイドホイールを鬼キャンでセットし、レースなど無縁を言わんばかりに地面に座り込んでいます。それもボディカラーとは異なる赤がチョイスされ、彩度高めな3色を駆使したカラーリングがバッチリ決まっています。派手で見た目重視のイマドキなセンスが炸裂した1台といえるでしょう。

gulfspyder_4.jpg

 こだわりのスタンスは水平クリップの逆組みです。このセットでキャンバーがきれいにつけられ、車高も全下げできます。上下反転にはランプホルダーの両側ポッチが利用されています。仰向けに乗っているドライバーはハラキリで最大限低い位置に座らされます。ミニフィグ単体の写真は撮っていませんが、フォードのレーシングスーツのようですね。テール側のフレームはバイクハンドル、マフラーはエスプレッソフィルターが使われています。よく見ると奥まった位置にはテールライトもあるようですね。

gulfspyder_5.jpg

 ヘッドレストよりも頭が低い位置になっており、ミニフィグを乗せた時のバランスも非常に良いです。フィグ乗りの際には上半身が大幅に飛び出してしまうことも4幅車ではありがちですから、これもビルダーのこだわったポイントの一つでしょう。
 カーショーではプールサイドのいい場所に陣取って優雅に展示されていました。イベント全体を見ても超激アツな車だったことは間違いないでしょう。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1661-c3f661ce