Ferrari of Liberty:スタンスフェラーリのお手本 - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Ferrari of Liberty:スタンスフェラーリのお手本

ferrariofliberty_1.jpg

Stanced '80s Ferrari / Builder: 最澄

 当ブログでスタンスコンテストを開始した際に、審査員を務める彼から送り出されたお手本がこのフェラーリです。



 80年代のフェラーリの赤いボディに、黒の暴走族フェンダーのこの車、ベースはリバティーウォークが製作した308 GTBです。2019年に相当ボロボロな個体からレストア&モディファイの形で製作された308は話題となりました。ボディキットは製品として販売もされており、今年のSEMAショーのトーヨータイヤブースでも同じキットを装着した車が展示されていました。クラシックな車でもフレッシュなスタンス系マシンで、コンテストのデモとしてこれ以上ないお手本となりました。

ferrariofliberty_2.jpg

 フェラーリらしさはボディの薄さから生まれます。ボンネットはシティフェンダーと同じ高さ、ベルトラインはフェンダーよりもさらに低い位置まで下げられています。308的な表情を生み出すのは、フロントのグリルスロープの配置です。フェラーリの表現としては既出のテクですが、自分もフェラーリを作るなら真似したい技です。フェンダーと同様に黒となったバンパーが80年代的クラシックさを醸し出しています。フロントに入れられたラインはオリジナルには存在しない彼独自のカラーリングですが、おしゃれな雰囲気を増す良いセンスです。イタリアの国旗のカラーがイメージですね。

ferrariofliberty_3.jpg

 ルーフも極力低い位置に配置されています。中に乗っているミニフィグがかなり仰向けにされていますね。シンプルにスロープで傾斜したルーフから、リアにはポチスロでリアスポイラーにつながります。フェンダーの中に納まるのはダークグレーの11mmのワイドホイールがセットされます。実車は黒ホイールなので、あえてレアなダークグレーを入れるというのも彼のセンスによるものですね。2005年に一度だけリリースされた色ですが、普通のグレーとは全く異なる渋い雰囲気になります。

ferrariofliberty_4.jpg

 当然ながらハラキリされていますね。ミニフィグを仰向けに載せているだけあって、足はかなり前の方にマウントされています。足回りは定番のクリップ組みです。クリップは上下反転させるのがセオリーです。ポッチ反転にはダークグレーのランプホルダーが使われています。ランプホルダーの余った1x1プレート部分は、シティフェンダーの裏側に隠されています。

ferrariofliberty_5.jpg

 海老名でのクールな集合写真が撮れました。これはトーヨータイヤのラインナップ並みにイケてるのではないでしょうか。新旧カスタムスタイルの競演ですが、格好良さに新しいも古いも関係ありませんね。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1678-1b3428a5