Beep! Beep!:ロードランナーのお通り! - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Beep! Beep!:ロードランナーのお通り!

roadrunner_1.jpg

1970 Plymouth Roadrunner

 ビープ!ビープ!と足の速い鳥の鳴き声が聞こえてきます。お馴染みのロードランナーです。



 60年代から始まるマッスルカー時代には、現在でもカーシーンの中心足りえる名車が数多く存在します。その一つがロードランナーです。デビュー時のデザインからマイナーチェンジされた1970年型は特に人気です。ボディデザインは同ブランドのGTXやサテライトと共通という、当時のアメ車によくある車種展開でした。しかしロードランナーは安価に高性能な車を手に入れることができたこと、当時人気だったアニメのロードランナーとのコラボで生まれたキャッチーさで成功を収めました。彼がこの黄色いロードランナーを製作したのは昨年のことでした。その後今年になってレゴミニフィギュアから、ルーニーテューンズのシリーズが登場したのはラッキーな偶然です。かくして今年の横浜ホットロッドカスタムショーの展示には、ロードランナーとワイリーコヨーテの二人を添えてディスプレイされることになりました。

roadrunner_2.jpg

 以前から積極的にマッスルカーを製作してきたビルダーの作であり、ボディフォルムの造形は手慣れたものです。4幅車界隈のマッスルカーは近年の流行りも反映したカスタム系が中心だったりしますが、彼の作風はオリジナル志向が強く、細身のタイヤと高い車高で当時っぽい雰囲気が醸し出されます。ボディは明るいイメージの黄色に、黒いストライプとルーフというオリジナルに忠実なカラーリングです。フードのスクープもスロープを飛び出させて再現されます。70年型の特徴となるフロントマスクの再現には、双眼鏡を内側に押し込むことでダブルのヘッドライトを作り出します。双眼鏡の固定にはかなり苦心した様子で、実際傾いてしまっていますが、それでも表現したいものが感じられるビルドです。

roadrunner_3.jpg

 彼の車はフィグが乗らない仕様であることが多く、この車も例外ではありませんが、ハンドルはしっかり取り付けられています。フィグが入らなくても室内空間は作られており、やはり見た目的には効果がありますね。タイル1枚で低くしたルーフもスタイリング的には理想的です。ウィンドウパーツは水色が選ばれ、リアウィンドウのスロープも同じ色に合わせてあります。ホイールは純正スティール風にボディ同色で、1x1ラウンドで小さめの径が主張しすぎない感じでこれまた純正テイストになります。

roadrunner_4.jpg

 サイドシルはサイドからリアまでポチスロで内側に丸め込みます。フィグを乗せないのでブラケットの位置がかなり自由ですね。車軸は通常の2x2をポン付けで、前後の高さは変えていないので車高は水平になっています。ホイールは穴あきの1x1ラウンドプレートを2枚重ねで、ナロータイやをはめ込んでいます。一応バー穴なら車軸に刺さりますが、かなりきつめにハマるので回転はできなくなります。足回りセッティングは徹底的にケレンミを欠くストックスタイル遵守となっており、他のカスタム系車両とは異なる魅力を発します。
 今年のHCSのカーショーディスプレイには色々なアメリカンカーが集まり、彼のマッスルカーも多様性の形成に一役買いました。今でも高い人気のあるマッスルカージャンルですから、また来年もアツい車を期待したいです。

関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1680-0876d8ed