Silver Eyes:VIPカー最前線 - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Silver Eyes:VIPカー最前線

silvereyes_1.jpg

Builder: 最澄

 そろそろこのジャンルについて、4幅車でも深く追求していく頃合いでしょう。4幅VIPカー最前線です。



 VIPジャンルはこれまでもボチボチと紹介してきたところですが、これまでは4幅車での表現に壁がどうしてもありました。硬派なセダンをベースに、白や黒のシンプルなボディカラー、そして表面の派手さよりも細部を追求する改造は、何よりも再現困難なものでした。しかし4幅車ブログが始まったころから比べると、レゴのパーツや4幅車のビルテクは大きく進化しています。だから今こそVIPカーに挑戦すべき時でしょう。今年開催予定のHot Minifig Ridesでは新しいアワードとしてベストVIPが追加されます。これからグイグイ伸びてくる4幅VIPカーのお手本となる車両を紹介します。

silvereyes_2.jpg

 セダンボディにいかに見せ場を作り、魅力的にするかという工夫がつまったビルドです。シティフェンダーを使ったセダンボディはどうしてもセオリー通りのものになりがちでした。しかし彼のビルドは様々な角度で新たなスタイルを生み出しています。サイドに貼られているタイルが1x4と1x1に分かれていることから、ホイールベースはセオリーから1ポッチ伸びていることが分かります。これによって分厚いベルトラインとのバランスが保たれ、大柄な迫力が表されています。フロント部分は最近のセダンをイメージする複雑なラインを取り入れ、グリルも大きく主張する配置となっています。ヘッドライトはシルバーのラウンドタイルとクリアパーツとの組み合わせで、全体的に密度の高い作り込みです。黒一色でも存在感ある顔です。ルーフは専用パーツを使わず、スライディングのサンルーフを作ります。上から光が入って乗っているミニフィグが明るく見えますし、見た目的な効果はかなり大きいです。ホイールはスピードチャンピオンズのメッシュのディスクを使い、ボディのディテールアップに釣り合うデザインが選択されています。

silvereyes_3.jpg

 リアのバランスは難しいです。トランク部分のオーバーハングを1ポッチ取るか、2ポッチ取るかが悩みどころです。短ければ風格が足りず、長すぎればバランスが悪くなります。最適な長さを手に入れるために、途中のセクションを横組みにして、普通に2ポッチで作るよりも僅かに短いトランクとなっています。トランクの高さはボンネットよりも高い位置までかさ上げされ、非常に現代的なプロポーションになりました。90年代までのセダンであれば、前から後ろまですべてが水平につながるラインで作れば問題ありませんでした。しかしもっと新しいセダンならば、ボディの起伏はもっと繊細で変化に富んでいます。クーペやスポーツカーのようなアグレッシブなラインとは違いますが、抑揚を抑えた形に魂が宿ります。テールライトの間には僅かに段差を付けてナンバープレートが付き、リアリティを高めます。バンパー下にはヤンチャなマフラーが飛び出し、チョイワルないじり方を主張します。

silvereyes_4.jpg

 控えめにゴージャスさを出す要素として、金色のトリムがサイドシル部分に取り付けられます。ボディが高いのでハラキリせずにミニフィグが収まります。スピチャンディスクを使ったホイールは裏側にナロータイヤが当てられ、さらに上からスリックタイヤを引っ張りで履かせます。ナロータイヤのホイールとして穴あき丸ポッチプレートがはめられ、T字バーでキャンバー角が付けられます。スピチャンディスクを使うホイールの組み方としては定番のものです。ぜひ皆さんもこの足元から始めてみてください。
 VIPなら外装も内装も、そして重要なホイールも手を抜く場所は全くありません。奇抜さではないスタイルの追及がVIPです。今の4幅車はその領域まで届くようになりました。今後ますます盛り上がっていくでしょう。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1690-68a48587