Eagle Revision:スポコン再解釈の時代 - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Eagle Revision:スポコン再解釈の時代

eaglerevision_1.jpg

Eagle Revision

 往年のスポコンスタイルは今やノスタルジーの対象になりました。だからこそ今また再注目の時なのです。



 スポコンが大ブームが起き、ダメな車も含めて大量のマシンが作られ、そして一度過去のものになりました。一つの時代が終わり、映画の中の車も様変わりしました。しかし今度はスタイルが定着する段階です。これはもうノスタルジーの世界に入ったわけですから、もう「スポコンなんてダサい」とは言わせません。この車は昨年のストリートレーサーコンテストに合わせて作ったものです。ストリートレーサーというならば、絶対にスポコンスタイルで作りたいと考えました。スポコンはストリートスタイルであり、ショーカーのスタイルでもあります。作るときは走れる車かどうかということは気にしません。見た目のために格好いいと思うことをとことん追求するだけです。

eaglerevision_2.jpg

 当時スタイルを意識したゴテゴテエアロが今回最大限に気にした部分です。ワイドにしないシンプルなボディに前後左右のエアロを装着します。4幅車のエアロの作り方も昔とは変わりました。コーナーラウンドタイルが登場したことはエアロ造形の自由度アップに貢献しました。フロントバンパーはあえてごつい造形にし、サイドに広がったデザインにしました。バランスを取るようにルーフにもスポイラーを取り付けました。見た目の密度を高めたかったのでフロントフードなしでエンジンを見せるスタイルにしました。横置き風の1x2タイルを挟んで、配線風の輪ゴムを通しました。また室内の戦闘力を高めるために、追加メーターをハンドル脇に取り付けています。ホイールは古き良き名品のレーサー5スポークです。スポコンにはやはりこれが一番ハマります。

eaglerevision_3.jpg

 リアにはNOSボンベを載せてあります。これも昔から定番のアイテムですね。色はエンジンヘッドとボンベを青にしてコーディネートします。エアロ部分はのっぺり感を打ち消すために細かいシールをサイドとリアに貼りました。リアのスリットタイルはあえてシルバーです。バンパーのダクトにシルバーのメッシュを当てるのが当時の流行りなのでその雰囲気を狙いました。あとは映画でおなじみのバイナルをサイドに貼っています。鳥の羽のようなシールはおそらくレゴチーマのものですが、うっすらとメタリック調に輝いているのがそれっぽかったのでチョイスしました。

eaglerevision_4.jpg

 スポコンでもフェンダーの隙間ガバガバだとダサいので、いつものようにクリップでキャンバーを付けます。実は2000年ぐらいでもローライダーやトラッキンのハイドロ、エアサス等はすでにあったので、ショーカーは最初から激低でした。ただし今みたいにツラ出ししていなかったので、トラッキンのようにフェンダーの内側に入り込んでいました。ハラキリでミニフィグを乗せていますが、フィグの足を固定することはできませんでした。最初はフロントにミライトを仕込んで光らせようと思っていたので、フロント軸の先にはポッチに穴が開いたラウンドプレートを取り付けてあります。しかしフロントエアロがどうしてもうまくいかず、アンダーネオン点灯は諦めました。

eaglerevision_5.jpg

 横浜ホットロッドカスタムショーでは道路に置きました。ワイドボディになっている「イマドキ」な旧車カスタムと並んでいます。スポコン当時もフェンダーの拡張は行われていましたが、ボディラインに合わせたスムーズなものが主流でした。リベット止めの張り付けフェンダーなど、派手なものが流行ったのはRWBやリバティーウォークなどの流行の影響が大きいでしょうね。ナローボディのスポコンスタイルに、みんなもぜひ再挑戦してほしいです。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1696-d2a37489